So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

T&N [堂本剛]

社長も大好きT&N

3年前、光一さんがソロLIEVEで言ってた「NHKと帝劇でのお喋りはチャンとします」

tt1879memo.jpg

本日新作ミュージカル参加の情報が解禁となった。


ミュージカル「ナイツ・テイル―騎士物語―」

期日:東京2018年7月25日~8月29日
   大阪9月18日~10月15日
場所:東京、大阪
原作:ジョヴァンニ・ボッカッチョ「Teseida」 ジェフリー・チョーサー「騎士の物語」
   ジョン・フレッチャー/ウィリアム・シェイクスピア「二人の貴公子」
脚本:ジョン・ケアード
音楽・歌詞:ポール・ゴードン
編曲:ブラッド・ハーク
日本語脚本・歌詞:今井麻緒子
演出:ジョン・ケアード
出演:
アーサイト... 堂本光一
パラモン... 井上芳雄
エミーリア... 音月 桂
フラビーナ... 上白石萌音
シーシアス... 岸 祐二
ジェロルド... 大澄賢也
ヒポリタ... 島田歌穂

以上、井上芳雄さんの所属事務所から引用


NHK「少年倶楽部プレミアム」

NWESが司会進行の番組です。


コンサートリポートでKinKi Kids 20・2・21が放送される・・・

コンパクトに必要情報を効率よく編集されたものでした。

2017年12月16日東京ドーム最多20回連続公演

・序曲

・無理しても立ちたい場所

・♪Anniversary

・豪華オーケストラ

・♪スワンソング

・♪愛のかたまり

・ツアタイトルに意味

・♪Topaz Love

・♪DESTINY

・♪SHOCK/愛の十字架

・♪これだけのの日を跨いで来たのだから

・♪硝子の少年

・♪ボクの背中には羽根がある

・♪Family~ひとつになること

・EC♪全部だきしめて

NHKの見事な編集でリポートです、が相方の毒舌一つMCで拾いました。ここはWS的!


nice!(0)  コメント(0) 

続々・・・ツブヤク大阪市民です。 [Ginger Yell]

番組主体で「寄って欲しい場所」がツブやかられんだからね。

スクリーンショット 2016-08-22 12.31.14.png



ロケ目撃情報続々市民の違いはジモティー愛。。。。。

これが東京と大阪の距離の違いか

「立ち寄って欲しい場所」どこに行って欲しいとか、教えて欲しいとか堂々の【MBS放送公式】の大募集にやられます。

新深江駅周辺って都民にはちんぷんかんぷんなのです。


『梅田から歩いて地元・奈良へ帰ろう!』

第5弾が、1月26日(金)深夜0時20分から放送決定!

今回はシャンプーハットこいでさん、千鳥大悟さん、桂三度さんと共に新深江を出発して奈良を目指します。


お楽しみに・・・


。。。。。><。。。。。沈黙のTBSさんが買ってくれない。

nice!(0)  コメント(0) 

ROCKとFUNK [ココロ目]

イチゲン.png

 

2017年の今頃、イチゲンさんで名物ドッグトレーナーが楽しませていてくれた。

彼女の登場曲が・・・ジミヘンでインパクトが大きく「正直しんどい」復活のようでドキドキした。

ストラップ5023.jpg

ギターストラップも復刻版でお揃いで・・・

JIMIHENDRIX.png

ギターを目指すと必ず通る神様です。

その「ジミヘンの未発表の音源が見つかる」のニュースが昨年世界を駆け巡る・・・未発表音源のアルバム発売が情報解禁された。

↓視聴もできる

79570.jpg



デジタルマスターで綺麗に洗い修正され直されたジミの画像に馴染めない自分。

今回発売のアルバムの内10曲も初公開だそうだが現在のアメリカ音楽シーンは全てラップで塗り替えられROCKが消えてる。

ROCKがね、古典になりつつある。高齢化する'70年代を知るROCKファンに向けてのリリースになるんだと思う。

山下達郎さんが20代の剛さんに『 ロックを聴いてる」と言われて危惧したが「FUNKを選んでいて良かった」とはこのことなのか。

たった30年でチェンジですがラップもドキドキするので自分と寄り添ってくれる音楽は過激では疲れるのです。


nice!(0)  コメント(0) 

大人になっちゃった歌 [ココロ目]

吉田拓郎

ラジオでナイト

1月14日放送第39回

スクリーンショット 2018-01-18 14.41.09.png



拓郎自身が「気まぐれ」を自称しているので・・・どこまで本音かわかりませんがリスナー向けのお題「大人になっていたんだなぁと思った時」の募集で自らの体験談を披露していた。ちなみに初めてカーリーヘア(剛さん命名マッチ棒)のパーマをかけた時人生が変わったと思ったそうだ。

後年自分の体験から「詩を書き上げデモテープを聴きながら俺、大人になっちゃんっていたんだなぁと実感したのが一曲ある君のスピードでだった」と。

アルバム「こんにちわ」収録曲でKinKiKidsに贈った「ありがとう」と同時期なので今から17年前、拓郎53歳で感じた大人宣言でした。


自分が思うにKinKi Kids, 篠原ともえちゃんらと離れることが「子離れ」に父親の心境を生んだんじゃないかなぁ。

「ありがとう」のリリックに「いつか時が流れついに別れの時がきたら」のフレーズを音声で聴いたとき「ついに」が「終に」に聞こえて衝撃を受けた。

拓郎がこの世から離れる瞬間を詩にしている、二人を見続けられない時間を自覚してるだ、ケンカ拓郎が・・・父親目線で詩をかいてる・・・と「ありがとう」では妄想した。

この日のラジオでは大人になったと思った理由は語らなかった。ただ「遅いってかーーだよね」と自虐していた。


そして拓郎大御所が音楽業界システムに噛みついていた
最近のレコーディングシステムがオカシイ
録音の制作時間がかかりすぎてる、パート分けで録音し日にちを置いて重ねてる、
ストリングスもリズムもフォーンセクションもコーラスも全部一同に集めて一発録音をねらったアルバムを企ててる。
リハを完璧に積んでね。。。。
と拓郎はストーンズの3日で完成させたBlue&Lonesomeを羨ましがってた。
拓郎も音楽への熱量は熱いのです。
73歳が3日間でリリース・・・TUなアルバムは3年越しになるのです。
こんにちわ

こんにちわ

  • アーティスト: 吉田拓郎,佐伯孝夫,福岡英典,吉田健,鳥山雄司,武部聡志,吉田建
  • 出版社/メーカー: インペリアルレコード
  • 発売日: 2001/03/28
  • メディア: CD
Blue & Lonesome

Blue & Lonesome

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック合同会社
  • 発売日: 2016/12/02
  • メディア: CD

nice!(0)  コメント(0) 

泳げラ・ラララーラー [ココロ目]

ていへんだこげなへんなうたが、りふれいん

cincinponpon.png

ラ・ララララーラー


cincin ponpon cincin ponpon


家でも外でも 声出して唄う・・・

無意識で口ずさむのは「愛かた」以来です。

「愛のかたまり」は冬の寒い朝、出勤の足取りの背中押し歌でした。

だからフレーズは

「この冬も越えて もっと素敵になってる」の繰り返しだった。


それが


cincin pon pon・・・だもんね。


番組を見終えた直後は

・TV的・・・だな

・KinKi的・・だな

・個人的・・・だな

・マニアック・だな

・日曜昼で冠無しじゃ、仕方ないな〜〜

・ゲストの加藤シゲアキ君に申し訳ないなぁ〜と思ってた。

加藤君が音楽的には剛さんソロに針が振れていて、先輩から音楽の嗜好をレコードから知りたかったんじゃ無いのかな〜、彼の受け答えからそう感じてた。

視聴した自分が、ラーララララーラーだもんね。

で、待てよ、これって音楽を通して幸福感を目指す「FUNKなおもてなし」だとしら筋が通っている。

番組を見終えてもココまで楽しさがアトを引きずるのは初めてだ。

これぞ、「歓喜の歌」第九じゃないか〜〜と思ってしまった。

文筆業、加藤シゲアキの作風が変わらねば良いけど隅田川。

IMG_1222memo.jpg

泳げcincin&ponponくん

PONキキッーズのCinピン


nice!(0)  コメント(0) 

加藤くん、大人です。 [堂本剛]

ブンブブーンゲスト

加藤シゲアキさん

感染カルタ1216.jpg

感染症カルタの店、奥野カルタのお隣ロケの日のゲストだったんだねーー


レコード社1214.jpg

2016年東京ドームで60人編成のフルオーケストラで歌ったこと、話にも出さない・・・

加藤さん、扶桑社、大人だね。


チュベローズで待ってる AGE22

チュベローズで待ってる AGE22

  • 作者: 加藤 シゲアキ
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2017/12/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
チュベローズで待ってる AGE32

チュベローズで待ってる AGE32

  • 作者: 加藤 シゲアキ
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2017/12/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

加藤さんが喜んだ、39年前の企画もの

でぶのあなた.png

デブは美しい 作詞:みなみらんぼう作曲:小林亜星アレンジ:馬飼野康二

1979年発売で二人と同い年・・・

拓郎と達郎の両氏をチョイスする二人も大人になったね、THE AFLEEも忘れない・・・20年だね。

ごあいさつのうた.png


FOREVER YOUNG(紙ジャケット仕様)

FOREVER YOUNG(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: 吉田拓郎
  • 出版社/メーカー: フォーライフ ミュージックエンタテイメント
  • 発売日: 2006/04/05
  • メディア: CD
GO AHEAD! (ゴー・アヘッド! )

GO AHEAD! (ゴー・アヘッド! )

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2002/02/14
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0) 

リリックメッセ [RADIO]

堂本剛の

Fashion&MusicBook

bayfm78

201801.jpg


「どうも」で始まる摩訶不思議なRADIO、聴いてるリスナー騒(ざわ)つく

いつものルーチンのタイトルコールのあとの

「bayfmをお聞きの皆さんコンバンワ ドウモトツヨシデス・・・」よりさきに「どうも」があるだけでです。

こんな小さな異変に気がつき選曲、フルバージョンにも憶測が飛ぶ!

リスナーの質問が「TU」『Si」があって「YO」が無いの指摘に選曲がソロ発売当初の楽曲となる。

しかも選曲はフルバージョンの全詩余さず流す贅沢さだった。

スタート20分で「本日の放送いかがでしたでしょうか」でエンディング告知の早さに決定的に異変を感じる。

体調を考慮しフリートークを短くするためだと・・・する考えもある。

楽曲の作詞の中から暗号のように「メッセージ入れ込む」とするとまずメディアで流れない最後の章、二番以降から拾ってみた。


♪ SeeYou In My Dream

 唱(うた)えるYO!!

♪GIRASOLE

 あたし強くなれる社会通年の好きにさせない

♪ 海を渡って

 仲間がいる ボクは笑う



TUメンバーとの新年会の報告・・・なのか!

ポジティブ、怖い。


 

nice!(0)  コメント(0) 

祈り結ぶ [奈良ごとLIVE]

平安結祈

結1733.jpg

松屋 7階デザインギャラリー1953


このタイトルで素通りはできないというものです。

今年の正月飾りは「迎春」の代わりに剛さんのこの「平安結祈」の揮毫を飾った。

正月飾りを仕舞ってお正月の気分はおしまいにしたが、デパートの催しで素敵な出会いをした。

飾り結びが季節の祝いごとに繊細な作品として展示されていた。

昨年からお守りの収納袋に練習した「二重叶い結び」だけでは無かったんダーーーの発見です。





卯槌1736のコピー.jpg

銀座MATSUYA 7階デザインギャラリーより(撮影可)

七草粥の始まりも判明!

「唐土の鳥」とはミサイルではなく人さらいの「鬼鳥」のことで・・・現代でもあるじゃないかと背筋の凍る歴史です。

卯槌1738.jpg

女子の人さらいを防ぐ行事だったんですね、欧米の精霊が子供を連れて行くのを防ぐハロウィーンと同じでした。

人類初の工夫は「結ぶ」ことだったとあります。

つまり「石に木の棒を結ぶ」これで道具として斧や、作物を潰す、戦いの道具に変えたのが始まり。

紐を結ぶを生活の知恵から芸術にまで昇華させた作品が息を飲むほど綺麗でその中に「祈り」と「捧げる」を見出した。

節気ごとのお祝いを華やかに彩る心づくしが正月、5節供の結びが月替えで展示されてた。


IMG_1765memo.jpg

純白の潔さも飾られ結ぶと「祈り」が聴こえてくるようです。


IMG_1763memo.jpg

日本人は「糸」を「紐」に縒り「染」て「結」で手間暇かけて感動のカタチにしてしまう。

心動かすのは

和にらぐりを込めてぶから。


剛さんの「縁を結いて」。。。古代からの祈り・・・深いな。

nice!(0)  コメント(0) 

黒玉ゴムブレスレット [Goods]

「音楽と人」

表紙で左手首に見つけた、黒玉ゴムブレスレット

黒玉ゴム1771.jpg

ゴムに縫い付けた黒い珠、紫檀か黒檀の念珠の素材でネックレスとお揃いようにも見えます。


IMG_1807.jpg

創作したのはジェット11mm玉で通しと端飾りの2種

ジェット素材にこだわるのは西洋の風習でモーニングジュエリー(喪)の意味合いで選びます。

LF、で知りました。

1月11日はタイソンくんのね・・・・お誕生日なんだそうです。

大好物だったのは鶏のササミを食べると・・・。

おじいちゃんのイチジク、おばあちゃんのボタ餅剛さんは家族想いのお約束でした。


nice!(0)  コメント(0) 

ブルー&ホワイト [ココロ目]

FINE BOYS2月号
堂本剛の気ままなオフ・スタイル

宇宙人に逢いたい

Vol.134

スクリーンショット 2018-01-13 21.54.31.png

ブルーアンドホワイト1782.jpg

5年前にBLUE&WHITEで買った藍染のシュシュ



先日RADIOで話してた麻布十番藍染のセレクトショップが登場

お店の方にお耳のことでお言葉をいただいたと嬉しい報告がありました。


訪店の一番の共鳴したのは

「まごころを込められたモノを選ぶ」

お店の方とお客さまが笑顔で居られるお店です!

このことは何年も前からお店を知る自分も感じていてフレンドリーな雰囲気が素敵です。

現在はお隣のピーコック2階へ店舗が移動してるようです。

そして問題の記憶喪失時代

この街によくいて(レッスン場)歩いていたのに(お店に)気がつかなかった。

このタイミングで訪れ不思議なご縁を感じる・。。・・・


「この」とはどのタイミングなんだろうね、原点回帰を感じたひとことのように思えたVol.134でした。

12年目を迎える「好奇心コラム」で剛さんの引き出しに収まる「宇宙人」という感性の宝物は私たち読者にも様々な思考回路を提供してくれます。


追記:文章が前回Vol.133から土谷沙織さんへ交代。連番のはずがVol.132が2回続きVol.133が幻とり今号から修正Vol.134。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -