So-net無料ブログ作成
検索選択

日本のブルースマン [ココロ目]

ぶんぶぶ〜〜ん。

Northern 
Blues Man

この国のブルースは演歌なんだと知る。

ワンフレーズで沁み入り染まった。


junJT甘樫丘aRIMG1177.jpg


酒よ…我が人生
作詞:吉幾三
作曲:吉幾三
唄 :吉幾三

ふるさとは津軽にて 十五才(じゅうご)まで居た
兄弟は9人で末っ子で
雪深い平野には 春だけ待ちどおしい
都会(まち)へ出た兄(あん)ちゃんが 帰って来るからネ

姉の背におんぶされ 学校へ行き
泣きべそで困ったと 聞かされた
またひとりまたひとり 都会へ出て行った
その度に父親は 酒飲み暴れてた

おふくろは泣きながら 長い夜越す
今頃はどこだろう 着いたろか
年を越すその度に 誰かが出て行った
その度に泣いていた 外出て泣いていた

唄うたい三味(しゃみ)線を弾く 酒飲むオヤジ
おふくろに手を上げる 父も居た
姉からの便りには 泣いてた父も居た
読む母と聞く父と 泣いてた二人居た

桜見りゃ思い出す おふくろの背中(せな)
リヤカーに乗っている 俺が居た
祭りには行けないと 知ってる俺が居た
春の風淋しげな 親子が歩いてた

夕暮れに帰らない おふくろが居た
畑まで駆け出した 俺が居た
目が見えずに泣いていた 暗闇母が居た
リヤカーを村ン中 引いてた俺も居た

いつからかオヤジから 聞いてた民謡(うた)を
何気なく唄ってた 俺が居た
三人で旅をした 楽しい何年か
掛け合いで父と俺 踊った母が居た

春先の田んぼにて 中学の頃
俺も行く都会(まち)へ行く 言った時
お岩木(いわき)山をじっと見て「そうか」と言った父
その夜は遅くまで 帰らぬ父だった

雪の降る遅い春 出発(たびだ)つ朝に
ひとりして泣いていた 父が居た
居たいけど居られない 未来と夢あった
いつの日かまた一緒に 暮らせぬ夢あった

ふるさとの駅からは 恩師と友が
青森の駅からは 母ひとり
泣きながら追いかける 着物の母が居た
いつの日かまた一緒 暮らせる夢乗った

夜汽車では出稼ぎで 都会(まち)行く人が
賑(にぎ)やかな酒の席 俺が居た
今は亡きばあちゃんに 貰った3万円
おふくろが離すなと 言ってたこのギター

見る物も 聞くものも 初めての都会(まち)
下町のアパートに 姉と居た
星空に涙して しばらく涙して
両親とふるさとが 恋しく涙して

ギター弾き唄うたい 夢求め酒
ひとり寝に惨(みじ)めさと 明日の夢
便り書き破り捨て この歯をくいしばり
ふるさとに夢の中 サヨナラ言っていた

恋もしたケンカした 挫折もした
いい友といい人に 支えられ
旅をして詩(うた)を書き 旅して人を知り
それぞれの夢を知り ギターをまた弾いた


酒と友 歌と友 アパート一間
思い出よ あの顔よ あの時代(とき)よ
なぁ昔 なぁ酒よ あの頃戻らぬか
がむしゃらに走ってた あの日にいつの日か

世の中が変わろうと それぞれの酒
過去を飲み 明日を飲み 夢を飲み
男とは幸せさ 忘れられるか
また生きよう もう少し わかるよなぁ酒よ

酒に泣き酒に聞き 男の未来(さき)を
寒空(さむぞら)に故郷と 友の顔
このままでいいのかと 何度も聞き返す
過ぎてゆく歳月に 焦(あせ)りの酒に酔う

薄れてく夢を背に 酔いどれの唄
下町の居酒屋の 窓ぎわで
忘れない忘れない 絶対忘れない
落としてく涙数 わかるよなぁ酒よ

大都会 人の波 背中合わせで
生きている奴が居る 同じ夢
夕焼けがビルの中 沈んで行く時が
切なくて悲しくて わかるよなぁ酒よ

キャバレーで唄ってた 真冬の町の
他人様(ひとさま)の唄うたう 侘(わび)しさよ
汽車に乗り 隣り町 明日も又唄う
この先に夢がある わかるかなぁ酒よ

旅先で知り合った 多くの友よ
旅先で飲み語り なぁ酒よ
今もまだ思い出が 昨日のようにある
頑張れと手を振った あの日のあの人よ

船に乗る 風雪の 海峡を行く
ふるさとの町灯かり 横に見て
降りたなら父が居て 母にもまた会える
涙拭きふるさとに 背中を又向ける

涙には幾つもの 思い出がある
心にも幾つかの 傷もある
ひとり酒手酌酒 演歌を聞きながら
ホロリ酒そんな夜も たまにゃなぁいいさ


雨の中酔いつぶれ 都会の夜に
待って来た夢捨てた こともある
なぁ酒よ何を捨て 何を拾えばいい
夢で泣くそんな酒 嫌だよなぁ酒よ

あの頃を振り返りゃ 夢積む船で
荒波に向かってた 二人して
男酒 手酌酒 演歌を聞きながら
なぁ酒よおまえには わかるかなぁ酒よ

何事も遠いほど すべて恋しい
何も無い暮らしさえ 笑えたな
アパートの赤電話 今でもあるだろうか
ふるさとが近かった こわれた赤電話

飲みたいよ浴びるほど 眠りつくまで
男には明日がある わかるだろう
詫びながら手酌酒 演歌を聞きながら
愛してるこれからも わかるよなぁ酒よ

飲むほどに染みて来る 十五の春
遠くから聞こえてく 汽車の音
降り出したこの雨が 昔を流すなら
なぁ酒よおまえには 涙を流させる

夜空には屋台酒 男の愚痴を
淋しさも侘(わび)しさも この酒に
今は亡き我が父よ あんたの飲んだ酒
近頃は良く分かる 男の飲む酒が

泣かす酒 泣く酒も 生きているゆえ
嬉しさも悲しさも 家族ゆえ
何年になるだろう この都会(まち)住んでから
雪の降る北の町 帰るかなぁ酒よ

それぞれに人は皆 一人で旅に発(た)つ
幸せになるために 別れてなぁ酒よ
わかるよなぁ酒よ

 



一節で心を動かされた剛さんがいた。








 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。