So-net無料ブログ作成
検索選択

緊急事態 [平城宮LIVE]

 平城宮跡の工事が始まっていた。

国営公園として国土交通省 主幹ですでに計画は記者クラブへリリース発表
なのに国民は知らなかった。
リリースの内容を読んで愕然とした。
http://www.kkr.mlit.go.jp/asuka/heijo/activities/current/pdf/120920release.pdf

 

 工事完成図.jpg

草原が無くなる。
鳥や虫の声が消える。
このくにの原風景が喪失する。
来年3月完成予定で工事は始まってた。

1300年の風化は事実です。
それを含め広大な跡地に想いを飛ばす。
この「くに」の始まりは湿地帯で青々とした草原から始まり
この地に都が築かれた原風景です。
草むらに戻ることは過去に立ち戻ること。
草原の土中には木簡、土器様々な当時の忘れ物が眠ってる。
何も見つけようとしないまま、それを半年で塞ぐのです。
砂利に被われる中途半端な復元は必要とは思いません。
私たちの観光に便利なようにが「大義」であるなら
2012年にこれを許した「時代」の人々と呼ばれるほうが不名誉です。
それは今の草原になるまでの気の遠くなる時空を考えれば瞬時に判断のつくことです。


紫詰草R0154872.jpg
大極殿前の広場がすでに侵略外来種の紫爪草がはびこる殺伐とした状況を見るにつけても許していけない思いです。

2009年あの場所で感じた「命」の風景は砂利からは得られません。
あの鳥の巣が取り除かれ鳴き声の消えた風景からは。
http://endli9cheri12.blog.so-net.ne.jp/2009-07-14

来年は消える運命を止めたいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

明日は満月 [RADIO]

本日、小望月
20120929R0158447.jpg
 
Fashion & Music Book
9月29日放送
 
部屋の模様変えは定期的にする・・・か
 
・・・・・   。
聞かなかったことにしよう。 


9月redmoon鹿3人.jpg
Photoshop修行は続行中

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

捨てられるチャンス [shamanippon]

平安神宮LIVE2012
思い出しmemo

会場椅子R0158109.jpg
初日、右隣二席,最終日右隣二席が空席だった。

会場で顔見知りの東京在住のオーディエンスから意外な言葉を聞く

「席が後方列と解ると行かない、という友だちがいる」
「だから昨日も隣が空いたまま」

「何列席で来ないの?」

「20台前半席」

おいおいおいおいおいおいおいいい〜〜〜い。
自分が譲って頂いた席よりかなり前方です。

600人キャパのshipで蜜の味を知った後遺症か
アーティストとフェイスtoフェイスの交信が出来ないと参加しないのすか・・・

自分名義で招待されない身としては言葉が出ない。

平安神宮LIVEでは
「アイシテル」
「カワイイ」
「ツヨシ〜〜ぃ」が消え
「ありがとう」だけが叫ばれていた。
事情はいろいろあるのでしょうけど。
近くなくちゃ参加しない人たちの棄権空席は
ありがとう以外のかけ声が無い理由だと思いたくない。
求める目的の違いが空席を作り
不平等(参加したい人が落選する)な結果に陥るのは無念です。
姿を追い求めるのなら
RADIOだって姿は見えない
TVも本人らしい姿は余り無いように思える。

遮るもの無しで意思疎通できるのはLIVE会場だけの今
一年365日のうち実質は数日です。
棄権空席は時間の共有というチャンスを捨てるのだと思うのです。
共に考え、共に想像する「ひとつになる」時間の共有を捨てている。

絆という綱が細くなる。
細くなった綱は途切れる。
そうして淘汰されていくのかな?
空しい席です。



七十二候


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ひとつになった日 [shamanippon]

平安神宮LIVE2012
9月15日memo

00拝殿演奏メンバー観客.jpg
15日に観客も入る思い出しスケッチ完成です。



jam session

SGを抱えて舞台中央、カンテラに飾られた神殿をつなぐ
花道をゆっくりと歩み
拝殿前で演奏する背中を見てた。
その時、薬師寺さんの弥勒菩薩さまへ届けた想いが蘇る


メンバー
PA
照明
誘導スタッフ
自分たちオーディエンス
その場にいる全ての人たちが
剛さんの背中越に拝殿を望んだ

ひとつになった瞬間だった。
 
くにの王の美しい教化とは
こういった体験の積み重ねが大切なのだと思う
ひとつになれること知り
実践がかなえてくれるのだと。
佛教も神道も日常から遠のくばかりです。
宗教に対してアレルギーをおこすのではなく

「きょうも無事で良かった」

ふつうの感謝を思い出せば
自然と手を合わし誰かに祈り、感謝をしたくなるのです。
 
この日の二礼二拍一礼は
剛さん引率のもと
メンバーとオーディエンス全員一致の
爽やかなものになりました。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

想いの声のチカラ [shamanippon]

平安神宮LIVE2012 memo
00野分ツヨSGステージ観客.jpg
16日最終日にも体調を崩し具合の悪くなったオーディエンスがいらした。
隣のブロックの方でザワザワとした時それに気が付いた。
この日の自分の同行者は看護士さんでした。
彼女と顔を合わせ
「看護士必要かな?」
でも落ち着いた成り行きを見てとり専門の知識がある方がいる雰囲気でした。

昨日の体調崩された方といい何か感じます。
LIVEへの感情移入で胸がいっぱいいっぱいになるのかな?
パワースポットということで研ぎ澄まされる感覚が平常心のバランスを崩すんかな。

体力、健康状態も作用すると思う。
自分もLIVE出発前は一睡も出来ない。
高揚すると旅支度に不備は無いか忘れ物は無いか不安になり
アレコレ用意しているうちに夜が明ける。
移動時間の新幹線で寝ようと考えるが・・・結局意識も目のランランであっという間に到着する。

気力体力を蓄えて万全の状態で参加してLIVEに挑むのは理想です。
LIVE中は夢中で疲労にも気がつかないくらいテンションがあがり、ホテルに帰ると倒れ込む。
まして盆地の京都の暑さは想像以上に体力が消耗する。
水分補給はマメにしてもすべて発汗しすぐに水分が欲しくなる。
疲れるのは当然でした。

良く食べて、よく寝て無理の無いスケジュール。
それでもパワースポットと呼ばれるエリアには特別の磁力があるのだと思う。
ましてや全身全霊で演奏し歌う堂本剛の発するパワーに取り込まれるのは当然かもしれない。
そんなことを思う16日でした。
中日、最終日この二日間で体験を通してそう思う。

終了後通りすがりに解ったのはやはりこの日もすぐ傍にいた看護士のファンの方に
介護されていらっしゃった事です。

堂本剛オーディエンスの看護士率は本当に高いです。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ライティング [shamanippon]

五弦ベースソロに吹き込む命の光
フラッシュ(閃光)

Z00野分ツヨベースソロフラシュ.gif

新調した五弦ベースのお披露目は
ship6月3日
その後なくてオーラスにも演奏されたようです。
エントランスではベース音が確認できずじまい
そうだったのか。・・・で終了した。

今回,初日登場はしたが
サラリ〜と自分の中では通過した。
ベースを弾く姿がカッコイイのではなく
ベースの音がバンドの動脈になるのが好きなで
心の臓ドラムと直結してないとサラリと聞き逃してしまう。

二日目からは信じられないくらいのベースの存在感を発揮させたのが
ライティングの効果でした。
ベースのメロディーに

タァッタッと二回閃光する打楽器と一緒に

これが音とピシッとあう
気持ちいいくらいピシッとあう
ドラム、太鼓の打楽器音とともに消える

視覚からの情報は大きい
あの時の閃光の中に浮かびあがる
打楽器メンバー3人の黒いシルエットは
平安神宮LIVE2012の音を忘れられないものにした

そして五弦ベース琵琶のような音色の
上下にくり返すメロディーと
それに続くセッション
鼓、太鼓のハーモニーで
和の世界を堪能した。

絶品だった。

追記
二十四節気
22日秋分
27日までの
七十二候

雷乃収声
(かみなり すなわち こえ おさむ)
雷が鳴り響かなくなる
Lightning flashing(稲光)は収まるのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

和太鼓と鳴りもの [shamanippon]

平安神宮LIVE2012memo
和太鼓と鈴
00野分ツヨレオステーaジ.jpg
今年不思議だったのは客席30列付近でおつりがくること
昨年まではまったく気にならなかった残響音が
背後から来る
かなり明確で早い音が背中に直撃する
特に歌、二重奏で輪唱になる。
まさか背後にスピーカーがあるのかと確かめるが見あたらない
集中力がステージから離れ後ろの音を
気に出すとよけいに大きくなる
なのに和太鼓の大音響は返ってこない
とても不思議な太鼓です。
理由は解らないが空気の振動が音の伝達なら
大太鼓は機材を通らず生な音だけで
耳に届いているのかも知れない

スピーカー不要なのです。
江戸時代に登城の告知が太鼓だったのは
遠くへ確実に届くこの重低音が必要だっのかな。

インストの剛さんのキーボードのメロディーが
天界から降るが如く清らかで麗しい
それに呼応する和太鼓の人間味のある逞しい息吹
絶妙に入るスティーヴさんの鈴が素敵です。


インストメンタルをいつまでも聴いていたくなる。
でもって「月」なんぞ眺められたら・・・と
限りなく夢想の心地だった。
野外で和太鼓は真骨頂なのでした。

素晴らしい衛藤兄弟のコラボに大感動。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

 [shamanippon]

平安神宮LIVE2012memo

00R舞メンバー.jpg


意表をつくインスト「意思」に乗って幕が上がる。

 平安神宮さんのLIVEが他でのLIVEと違うのは
宮司さんによるお祓いに観客全員が頭をたれるところから始まる。
特に今年は注連縄(しめなわ)の結界が舞台に設営されたことで
神聖な場所での開催なのことが一段と高まる。

オープニングの「舞」はお神楽のような
大自然に対して畏敬の念と祈りが込められて
両手をかざし優美な所作が天へ向けられていた。
日本神話の太陽神、天照大神が洞窟に隠れ
世界が闇夜になったとき
アメノウズメが踊りで誘いだし岩戸を開けさせた。
神への捧げる、願いを聞いてもらう
そんな伝説と重なる舞でした。

歌舞を創作し奉納する古代の人々の素朴な行動が
素顔を面で見せない
大自然と神への恐れの距離感が
人の無力さ弱さを表しいるようで
台風接近中のこの地で
風雨が治まるのを願いながら見守る

これから始まる演奏へ期待が高まる「舞い、踊る」オープニングでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

平安神宮LIVE初日イメージ [RADIO]

00野分けステーSGメンバー霧雨大空.jpg
00野分けステーSGメンバー霧雨大空.jpg
00野分けステーSGメンバー霧雨大空.jpg
00野分けステーSGメンバー霧雨大空.jpg
神宮LIVE初日イメージ完成

Fashion&Music Book9月22日
9月redmoon鹿3人.jpg
恋愛相談への回答が普通だなぁと聞く。
相手への計算を教えるようにもなる。
経験値でのべてるように思えない回答。
このリスナー回答への選曲が「ココロノブランド」も「ポッイ」かったです。
空想上の愛おしい人へ、してあげたいことを空想上の回答に聞こえてきた。
吾を隠して相手に迎合するのではひずみっていうシッペ返しがあるんだけどな。
実感として料理洗濯で困ることがないからパートナーがいるもんでもない。
喜び悲しみの共感をするためだけにパートナーが必要なものなんでもなおだろうな。
女性は上手いと思っているワイプ(画面切替用画像)に感心するも真似はする必要はないとも自分は思う。
このあたりから日常の実感が見え出して「憤り」と「達成感」が家で独りで終わらせなければならない孤独な時間を感じた放送でした。

なんでだろう
映像作品で「宇宙人との恋」ありえへんもの不思議ストリーのドラマへの空想が膨らんでいるいる。
最近「あいつとうとう・・・」な歌詞を最近書いてみたい。
「もしかしたら・・・」不思議な曲急に書きたくなる。
トリトメもない話が続くがそこに「想い」があるのなら「未来からのタイムトラベラーとのコミュニケーション」も面白いかもね。
自分としてはダヴィンチ、宮澤賢治、ガウディ、モーツアルトはゼッタイ未来から過去へやって来た人だと思うから。

最後の最後にポロっとこぼした
試練は自分らしく乗り越えいく
最終的自分で選んでいく
回りに助けてもらいながら切り抜けて行く。
このコメントに「その通り」ですと共感した。
選曲も
「I'm you You're me」

火星でなくても何処にでも飛んでいって届いて欲しい最高のチョイスだった。

平安神宮LIVE初日14日演奏も天気もPAもライティングも「気持どこにいますか」のくぐもったイメージが完成。
初日の不安全開のLIVE進行にドキドキ感がワクワク感よりあったイメージが強い。
あの日の雨、ギター、機材への影響を思い不安で眺めていたステージです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

反射 [shamanippon]

00野分けステーSGメンバー☆.jpg

鈴虫
和太鼓
カナラズ
天に星空
五弦ベース
縁を結いて
飛行機の点滅
どうしてだろう
ウィンドチャイム
ギブソンジャパンSG

終わってみると
記憶の引きがねはこのフレーズ
自然界とパフォーマンスと楽器そして歌
解き放たれる爽快な心地良さがあった。


3年連続の平安神宮野外LIVEを見続けて
この地で受ける心地よさは
社殿が見守り、お払いを受けて
二礼二拍一礼を全員でする
平安神宮LIVEの刹那な時間が愛おしい。
贅沢な瞬間の組み合わせでした。


終わってみると
その重さが記憶と共に薄れていく。
だから、風に虫の音に飛行機に空に触れると

カナラズ
どうしてなんろう
縁を結いて生きている

口ずさんでいる
そのはずみがLIVEの体験から引き出される。
反射的に「刹那」(瞬間)の時間が呼び出される。

スタジオ収録のCD(永続の安心感)では得られない引き金です。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽