So-net無料ブログ作成

空想LIVE [shamanippon]

空想は飛ぶ。

新アルバムとLIVE開催のお知らせ、情報待ちが続いてる。

昨年のSHAMANIPPON終了後の8月4日放送のRADIOで理想としていたLIVEの構想が仔細に語られた。
実現こそしなかったが着実に現実へ近づいていたのがshipだった。
2012年8月4日memo 
http://shamanippon-2012.blog.so-net.ne.jp/2012-08-04-2

この構想が今年も目指しているものなのかは解らない。
アルバム・カバとの連動するのかも解らない。
解らないからお知らせメールが届く間の夢想は続きます。

樹のドーム・ガラスの天井・柱状のスクリーン・万華鏡・森の中・夜空の月・林の小径

これだけヒントがあれば想像なんて無限です。
そして実現への壁の高さも容易に想像ができる。
お知らせが来るまでの長いあいだの楽しみなのです。

ship万華鏡ステージ02.gif
万華鏡は新アルバムのようです、次を予想をさせない。

wood万華鏡ステージ夕日1.jpg
青空が見える。 

ship万華鏡ステージラカチノトヒ月.jpg
月も見える。

万華鏡ステージハイチュアsz.jpg
万華鏡がスクリーンで遊ぶ。

wood青の万華鏡.jpg
星空の下で歌う。 

wood万華鏡ステージ空中投射のコピー.jpg
ニンジャ−ライトで遊ぶ。

なぁ〜〜んてね。
妄想炸裂なのです。。。

明日から3月、まだまだ時間はある。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

▲■◯の会話。 [shamanippon]

そう、街の片隅で。の会話


キャラクター影のコピー.png
:今頃、何しているんだろうね、カレ。
:曲つくってるて、メールが飛んできてたよ。
:鼻水たらして?
:くしゃみだよ。大雪のことも心配してた。
:気難しく作業に没頭してるみたいだよ。
:◯さまは最近なんだから何か知ってる?
:おしえない。
:ラカチノトヒが力作だったからね。
:次は超えなくちゃだもん気難しくもなる。
:ラカチノミカがいるね。
:なにいってんの次は社命だからね。

■:えっ、バーターなの。

:オトナの事情にはラカチノネカが入るんだよ。
:でもカバーっていったて入魂だよね
:ウン。ちょこっと聞いたけどすごいよ。
:今ボク不安なの・・・次のLIVEでボクはいないかも。
:◯さまいなくなるの?
:かばになるかもしれない・・・
▲:カバって、あの河馬!?
:馬じゃなくてよかった。
:馬だとんとは並べないよね。
:ラカチノバカ・・・か。
:馬鹿力ってのもあるからね。凄いのできるかも。
:かばか。
:待ってるファンのコが可哀想で見てらんないんだよ。
◯:KABAか。。。
んはやさしいね。
◯:カバくんでも仲良くしなきゃだね。

:メール来た!

  雨もあがって青空になったよ。



キャラクター抜zのコピー.png
お知らせ待ってるって。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アカデミー賞と植村直己冒険賞 [ココロ目]

昨日25日は米国アカデミー賞と日本の植村直己冒険賞二つの受賞発表が行われた。
アカデミー賞に関してはうさん臭い政治がプンプンでやっぱりなーと感じる。
以前はエンターティナーの最高峰で映画を見る上で一つの指針にしていたこともあるが、ジョン・レノンファイルをきっかけに「USAの広報機関』の印象と疑惑がつのり信じなくなった。
アカデミー賞作品賞プレゼンテーターにM・オバマ夫人が衛生放送で映し出され、
ここまでするか・・・でした。

唯一クリント・イーストウッド作品を除いては。
イースト・ウッドの日本から見た「硫黄島」と軍に利用された「硫黄島のヒーロー」を見てからは更に強まった。
彼でしか今のハリウッドでは本当が作れないんだろうなぁ。


昨年の「小喜利の私」大阪松竹座で剛さんがお題のシンキングタイムで漏らしたコメントを思い出す。
お題は「映画宣伝文句で、全米が泣いたはもう飽きました。もっとインパクトのあるフレーズを考えてください。
この時「リーンカンの公開はオバマ大統領の選挙戦を意識してる」
ハリウッド映画も政治が関与しているリンカーンを尊敬するオバマ大統領への後押しをしてると。
なるへろな見解にそんなふうに捉えてる社会意識と業界の裏面を語ることに驚いた。

作品賞は「アルゴ」こちらは実話ベースとはいえCIAの賛美です。
主演男優は「リーンカン」
監督賞は台湾のアン・リー「ライフ・オブ・パイトラと漂流した227日」

式で披露される過去の映像と往年のBigな歌姫,年齢を重ねても変わらぬ歌唱は見事でした。
アカデミー賞授賞式で一番に感動したのがバーブラ・ストライサンドの「追憶」の主題歌The way we were
「追憶」自体がハリウッドの赤狩りや映画RADIO産業を正面から捉えた秀逸な作品です。
ラストシーンでセレブで華やかな暮らしを捨て信念に従い真実の自分で生き、原爆禁止署名のビラを配るヒロインの姿が目に浮かぶ。
そうこの主題歌を聞いただけでバーブラの美人じゃないけど回りの人の為に生きる主人公の不器用な生き方が浮かぶのです。

日本発

植村直己賞.png
2012年第17回植村直己冒険賞
竹内洋岳さんが受賞決定です。

ヒマラヤ8,000m級14座に登頂。
植村直己さんがマッキンリーで失踪したときは竹打内少年は中学生。
その山の先輩を追いかけるナイスガイ、山の達人との交流が再放送がNHK総合で放映も決定。
沢山の人に真実を語る山内さんが
見てもらえる。

受賞式は6月15日植村氏の故郷兵庫県豊岡市で開催されます。
こうのとりと一緒に暮らすあの豊岡市です。



自分らしく生きるは地味だけど真実が伝えることは信じられる。
ふたつの発表で信じられたのはバーブラの歌と山内さんでした。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

LIVE森の音楽会 [shamanippon]

カバーのアイコン河馬から始まり
再碌の犀、始動の鹿、ファンのキリン、象徴の象が出揃う。

zooWoodzのコピー.jpg
動物に集まってもらう目的はコレ、
森の中で楽器を演奏する、小動物を集める。
これは24CH△NNELのNo,38の叶えたいことでした。
大動物にしてみた。
想像の世界では「森の動物園」は可能です。
現実の世界で、全てが木で出来たコンサートホール、森の中のLIVE会場・・・となると
難関多しです。

この季節になると空想が飛ぶのは今年のLIVEはどんな驚きを用意しているのかなぁ〜なのです。
昨年は映画「平安結祈」のラスト5分のPVから膨らましてた。
初めは花柄に見えたコスチュームが実は家紋調のモノグラムだったり、行灯の影絵が龍だったり
円形ステージが魔法陣のようであったり、赤いハートも何かのサインかな・・・と色々LIVE風景を思い描いてた。
実際はshamanipponはshipとなり帆船の帆が天井に張り巡らされ大銅鑼、国旗と船旅を予感させるものだった。
この嬉しい裏切りはステージのアートが細部にまで表現されLIVEの楽しみを倍にしてくれていた。


2012年に目指し頓挫したLIVE会場の構想がRADIOで語られた。
十津川の製材で樹のドーム
硝子の天井
万華鏡のライティング
移りゆく景色
月、星、夕日を眺めて歌を届けたい
帰りは森の中を抜けて現実の世界へ戻って行く
などなど・・・。

shipのような突貫工事で1ヶ月弱とはいかないでしょう。
人の集まる公共の場となると安全性、防音性ナドナド立ちはだかる問題がヤマズミ。

交通、宿泊の便を無視すれば実現の余地もあるというものですが。時間、かかります、待たされている時間の長さですかね。

wood万華鏡ステージ夕日4.jpg
夕日の染まる空

万華鏡ステージ青のコピー.jpg
スクリーンには万華鏡。


ship万華鏡ステージラカチノトヒ8.jpg
月を眺めて演奏会・・・

RADIOで語られた理想のLIVEの実現が叶うことを祈るしか出来ないのです。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ウッドストックへ行く [ココロ目]

24CH△NNEL、エントリーNo.77のウッドストックへ行く

NHK・・・持ってますね、貴重映像。
23日放映SONGSはカルロス・サンタナ
今年来日、3月11〜13日大阪城ホール、武道館、国際フォーラムのLIVEの前夜祭だった。

行きた〜〜が両日動けない予定アリ。TVのチョ切れチョ切れOAでさえも満腹なサンタナサウンドは聞き込みの威力のお陰。
映像で流れた、1973年初来日の武道館は遥か天井席で暗い会場で震えて聞いていた。
あの頃がそっくり帰って来た。
1991年のナベサダとのジョイント「哀愁のヨーロッパ」東京公演もOA。
こんな泣かせるギターと語るサックスのコラボがあったんだ。

が、NHKの編集もスピリチュアル時代は軽〜〜〜くハショルんだね。
全世界が凍らせたキャラバンサライもロータースの音楽背景には踏み込まない。
奇跡の復活劇でハッピィエンドにしていた。
グラミー賞9部門受賞とかのUSAの尺度が「ニュース」であり、「偉大さ」を解りやすくを示す。

本人のコメント、「アメリカのRADIOが音楽を教えてくれた」
娘さん二人の「お父さんの音楽をRADIOで聞きたい』

始まりと復帰にはRADIOの存在があったこと。
有色人種の彼にとってUSAに食い込むのには「メキシコ」のバックグランドとアイデンティーが音楽を創るという事が伝えてはいた。

労働者階級でアイルランド系のジョンが「プレスリーとロックンロール』に憧れ
ショーンの「パパは昔ビートルズだったの?』で音楽復帰を決意させたのに似ていた。
日本への愛着の深さもジョンと同じだった。
寺院、神社で学び受け取り精神性を高み願う姿が公開された。
NIPPONの魂に触れるから愛するし、サンタナも愛してくれるんだと思うよ。


TVで放送された過去の映像でさえギターの音色に魅せられる。
生でもう一度叩き込みたいです。

ひとり難しく考えながら奮闘している日本のミュージシャンが見たウッドストックR0161648のコピー.png


竹.jpgship仲間の得意満面の笑顔、この放送でキャチしました。
竹内クンの得意満面のギターソロに見入り・・・

「ウッドストックのサンタナしてるね」

こんな笑顔を向けられたら至福だよね。

サンタナmemo
http://endli9cheri12.blog.so-net.ne.jp/2012-05-25
http://endli9cheri12.blog.so-net.ne.jp/2012-05-04-1


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

象徴の象 [LoveFighter]

飛んで来た、新曲、本日制作中のお知らせメール。

今を徴する心象曲、の登場です。

動揺象基本.png
「いま」の心象象のアイコンも作ってみた。

カバーの河馬
リリース録音の犀
まりを運ぶ鹿
最新の心象の象
首を長くして待ったキリン
出そろった。
Zoo完成。

24CH△NNEL、No.38,森で楽器を演奏をする小動物を集める・・・

zooWoodzのコピー.jpg

大きな動物になってしまったけど森の演奏会。
あとは祈るだけです。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

赤いSingerが戻したココロ [RADIO]

2月提灯.jpg
2月16日Fashion&Music Bookの放送で帰ってきたファンのメールが読み上げられた。
メールの送り主自身が「出戻りです」と自虐で伝えてる。
出戻りという言葉は最近は負のイメージがつきまとうので離れて帰ってきた「離帰り」さんと呼びたいです。

剛さん本来の自分で表現をするよになってから離れて去ったファンに対してのコメントがRADIOでは度々ある。
「ほんとうの自分を受け入れてもらえないならそれで良し」を聞くにつけても傷を負っているんだなぁとチクッと胸が痛む。
創作され演じてる自分を愛されているならこんなに辛いことはないはずです。
離れていってファンを休んでいたが、たった一つの曲で氷塊する。
それが音楽です。

しかも変わらない自分を続ける歌「赤いSinger」でした。
メールを送られた方の運命の流れを変えるのには納得の曲です。
自分の中でも仲間たちの中でもこの曲への思い入れは高い曲で
同じくらいにこのmemoにも登場する「春涙」に匹敵する特別な曲なのです。

この二曲の不思議な共通点はカップリングという影に隠れた名曲なこと。
ファンの支持率が全持ち歌の中でもダントツに高いこと。
メッセージ性が強いこと。
LIVEでの登場が極端に少ないこと。
マイナーコードなこと。
RADIOでの選曲が多いこと。
それが「赤いSinger」です。

FMBookLOVERbayasjun.jpg
この日流されたこの曲を聞きながら思うのは

戻ってきてくれたファンへ素直に喜んでいる剛さんがいたことでした。

昨年の2月10日のmemoの予感がカタチで見れて自分も嬉しかった。
http://endli9cheri12.blog.so-net.ne.jp/2012-02-10


必要になるときが来るんだよね、

ハート黒玉ベースアニメ.gif
寒かったでしょ、お帰りなさい。
って迎えてくれる、かぁちゃんみたいでした。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

繋がっている [ココロ目]

空では電波も視線も交差する。
見えなくても繋がっている。

ココロ見地上波登場

ココロ見がHNK総合で放送決定
「運命」前半3月3日24時10分〜
「運命」後半3月10日24時10分〜

なんとまあ。
Eテレ枠から総合へです。
昨日の再放送をリアルタイムで見ていてなお新発見のあった番組です。
録画という安心は画面への気が散漫になるが、現在放映中は正座もんのココロ構えが必要になる。
番組から発信されるメッセージ性が大量で、質が高いだけに一回二回じゃ見逃す言葉がある。
実は録画でリピするよりスリリングなのです。

今回見つけたドキドキしたのは・・・・この言葉。
20130221R0161270のコピー.png
サラっと見てたキャプションでしたが、編集のセンスが共感を呼ぶ名文句多数の番組だ。
多分、経験豊富なTVマンと好奇心旺盛な制作部員が繰り広げるミーティングが想像できる。
番組の思想を言葉で世間へつなぐ表現者に「堂本剛」が不思議にはまった。
その結果が「ココロ見」で数倍の力をつけて映像になったんじゃないかなぁ。
憶測の世界からしか解らないけど、剛さん一人の力だけではないことだけは確信できる。
番組に登場する「達人達」が魅力的な方ばかりでなのでそう思わされるのです。

電波が伝えてくれ繋がってるを送ってくれる。
キャプションの文字は背中を押してくれる。

本日飛んできた繋がる空にもそれがある。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

始動の鹿 [ココロ目]

「優しさを胸に抱いて」幻のアカペラ


初めての自作曲は「LOVELOVEあいしてる」のホームページでいつでも聞けていた。
番組終了後もしばらくはリアルプレイヤーで会えていた。
一切の他者の音はなくまるで自分の家の物干台で歌ってるお隣のお兄ちゃん状態だった。
失恋した彼女を想いながら歌で告白しているようなそんなつぶやきsongは独特のセンチメンタルがつきまとう。
新鮮で、かつこっそり盗み聴きしているような後ろめたさが楽しかった。
聞かれていると知ればハズい、こっそり歌でした。
アイドルならそれも許されない。
番組でミュージシャンのバックが付き華やかに披露される運命でTV番組内でも歌ってた。
今でもホームページの中に歌詞とコード進行は残されている。
もちろん歌詞の2番も残されている。

フルバージョンで2番を歌われた記憶が無いので幻の2番となっている。

奈良からはるばる東京にやって来た剛さんにとってこの歌が「奈良から連れて来た音楽」神の歌だったんだ。
平安神宮LIVE用に用意した奈良手帳のBookカバーには音楽の使途として鹿さんの背中を借りた。
ツヨ鹿ギターsのコピー.png


その昔、鹿島の杜から奈良、平城京の鎮護を目指しやって来た白鹿さん伝説を借りた表紙です。

神鹿.png


あのつぶやくような「優しさを胸に抱いて」は聞くことができないが成長と共に変化した「優しさ」がアルバムカバにはありました。
時空を飛び世に放たれる使いの曲は鹿さんに託したのです。
でもって動物シリーズに始動の鹿さんも加えてみた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヨーコさんLOVEだね。 [二四節気]

ヨーコさんお誕生日おめでとう。
本日IMAGINE PEAC ETOWER点灯です。

なんと!光がハートです。
2013-02-19 10.42.55.png
あなたのパフォーマンスは凄すぎる。
世界が穏やかで幸せなこと願います。


天川は雪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽