So-net無料ブログ作成

大阪松竹座3日目 [小喜利の私]

大阪松竹座2日目
20131029ステージ剛のコピー.jpg
お仲間さんからのお誘いで参加です。
ズラ〜〜〜っと横一列六席に前列にも顔見知りってアットホームな環境です。

初日は三階席最前列でしたが二日目昼の一階席はゆるキャラ「つよっしー」も身近に感じる。
まだまだ方向性の定まらぬキャラクターが少しづつ味わいがでてくる、というか育てるんだね。
剛さんの突っ込みや本人のたゆまぬ努力でファンには愛されるキャラになっていくのが解る。
ユルキャラ・・・だから体が揺れるっとか、ムーンウォーク(後ずさりにしかなってないけど)を披露するとか練習の成果を見せたがる。
演出もサッパリ、黒子さんもブーちゃんともう一人しか舞台には出てきません。
唯一「お金」をかけたらしい、「つよっしー」の肩に小喜利の盛り上がりがかかってます。
背中には奈良県ならぬ奈良市を背負うという役目も背負ってます。
初お目見えの「つよっしー?何者」な空気はもうすでに愛情いっぱいを受けてりっぱな助っ人に成長しているつよっしーでした。

曙R0166859.jpg
お題に「曙」が登場して唐突だなと思うが理由がわかりました。
大阪松竹座正面に曙関のラーメン屋さんがあるのです。
いつも小喜利公演期間には大勢のファンが集まり迷惑をおかけしてる店舗でした。
今年は「グリコ」も「おやつのお勧めお菓子」もありません。
色々オトナな事情ありきを想像してしまいます。
こうやって「小喜利の私」はエンターティナメントを完成させていくのでしょう。


SOUSOUR0166837.png

本人の眺めているだけで北海道、愛知、広島、兵庫から集まる仲間たちは口を揃えて唱えます。
仲間との会話で一致するコトバは「剛さんは無条件でカワイイ」のひとことに尽きるということ。
やることなすことが衣装もです。
ステージ衣装の朱赤のパンツに本日は白ベースに黒のプリント柄のTシャツ。
足元は雪駄にSOU・SOUの足袋型ソックス柄もSQUAERです。
この足袋ソックス底面は黒で滑り止め付のすぐれもので松竹座さん近くのお店で発見。
仲間とお揃いでお買いあげ、その足で目の前にある法善寺横町の水かけ不動さんと金比羅さんに詣でました。


金比羅R0166855.jpg
完全に「甘金」の集団になっている。
多少笑いのクオリティーがお疲れ気味なのが気にはなる上今宵は昼夜の2公演ですからね。
現在アルバム制作まっただ中の強行スケジュールの小喜利はファンとしては嬉しい反面どこかに後ろめたさもあるのです。
水掛け不動さんへの願かけも「剛サンの願いを手助け」となりました。
こちらの金比羅さんには「無事公演が終了するように」のお願いです。
正面の丸金はインパクトありました。

いよいよ夜自前当選のゴールドチケット
席は一階最後列の端っこということで幕の内弁当にたとえると隅の漬け物の沢庵の位置。
隣は通路もなくギューって詰め込まれたような息苦しい角席でした。
今回のシンキングタイムの音楽がね・・・眠りを誘うヴァイオリンソナタになってます。

「ミナサンは貴族ですから・・・」の配慮か格調高きこのクラシックは昼のお題「勝訴に代わるコトバは?」では真っ暗な無人のステージはヤバかったです。
記憶によるとこんな感じモーツアルトのメヌエット風
誰からも見られてない・・・と油断すると集中力が低下、意識がステージから遠のき睡魔が襲う音楽です。
初日の休憩前までの「マナーモード」な会場ムードが金テープ発謝で一気にテンションが上げ上げムードになり、最後のお題の解答よりブツブツいいわけする事の方が受けるという流れが確立しつつある。
その「言い訳意味なし説明ギャグ」が始まると時間稼ぎでコトバを探っているようです。
31日の昼に続く夜の公演はイラストが多く「コトバ」の返しに四苦八苦しているのが解ります。
ナチュラルハイ、ランナーズハイまでは至らない絞り出す笑いに苦労する剛さんを見る「S」な観客になっていた夜の公演でした。

明日もあるからね、ズーッとあるからね、一週間、ぶッ通し本当だからね、大阪。

ファイト!







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

小喜利SQUARE [小喜利の私]


四つ
c14.png

Goodsのデザインは「菊」ではなく四角
四角を四つ寄せで「四つ目」だったり「四菱」の文様、キューブのティシュだったりなにげにSQUAERです。

偶然かな「目」です。

100px-Japanese_crest_Yotumeyui.svg.png
四つ目結びの紋

sumi_me.jpg
隅立て四つ目結び

高座の座椅子にも四菱でした。
座椅子四つ菱.png 

昨年とほぼ一緒の正面玄関 
立て看板R0166401.jpg
立て大看板にもいつものように
突然のサブタイトル登場
ズバリの
一週間です。 
7日間休み無し・・・・
9公演のぶっ通しに込められた
そこにオンねん、を見た。 
 
ビックリしたのが「顔出し看板」
顔出しR0166406.jpg
ローマ字表記だとOGIRIOSUTETA
「お義理を捨てた男」と読んでしまった。
 
 何も考えて無いようでどっか引っかかるのです。

お義理大きなる喜びの利
今回もボヤキがありました。
アルバム制作中で・・・
このスケジュールは。。。ね。

過酷につき家族にも不安を与えているらしい・・・
ってきた大阪
派手なけれん(奇抜な演出)もなく豪華なお祝儀花もなくサッパリした小喜利でした。
初日の緊張は客席を剛サン呼ぶところのマナーモードでスタート。
お客さんも緊張しているのです。

あの合格音不合格音もオーソドックス、シンキングタイムの音楽も新たになりどこか控え目で格調のオスマシモードです。
パパシュトラウスからモーツアルトかな?
記憶だとこんなです。
後半、コドモと動物のお題でキラリと光る笑いアリで39問中22の満点で初日は無事終了。
小喜利も曲の詩もひねくり出すより「すーっと」でたのが一番でした。
エンジンはかかりました本日へバトンが渡ります。
乞うご期待ですがチケ無しにつき自分は奈良へ・・・・。
つよっしーポーズ.gif

つよっしー
奈良市を背負って新キャラ登場



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

大阪松竹座小喜利Goods [Goods]

平成25年小喜利のGoodsたち
あいうえおかきくけこたちつて・・・さげ
1800円


てさげR0166433.jpg
素材は生成り帆布、流水に四菱の文様は濃紺

おふくろさん
1,500円
ふくろR0166416.jpg
ちりめんの朱赤地に金色の鎖と四菱のプリント
内側は紺色

おみくじテッシュ
300円
てしゅR0166429.jpg
四角型のティシュBOX
カミの色はこの箱のはピンクでした。

SUPER爆笑HAND
1,600円
ハンドR0166421.jpg
赤のレザーに九個の小さい鈴がチャームについてます。
止め位置でチョーカーにしたり
ハンドR0166435.jpg
二重にしてブレスレットでミニ座布団の代わりに拍手を爆笑の手助け。

独演会参加記念品
参加賞R0166453.jpg
ミニ座布団の代わりに頂きました。
赤サテンのミニ巾着と中に・・・
「ツヨ神」のミニカード(白紙は名刺大)
SUPER爆笑HANDを入れるのにピッタリです。
てか経費削減か。
ツヨ神R0166450.jpg
そこはミニカードの威力剛さんのイラストが一番嬉しくて会場で大騒ぎ。
カードの種類があるのか皆で見せ合いました。
「瞬」特典ポストカードのトラウマです。

そういえば薬師寺さんの「お守り」のレインコートはいまでも大事なお守りです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

笑う門には福来る [shamanippon]

a20130913瞬R0117405.jpg
平安神宮ではまだ、shamanipponLIVEがあると信じていた。

LIVEは儚いね
オーディエンス毎度のLIVEの映像化を切望するも敵わず。
闇の中へと消えていくのです。
2013年は「赤いsinger」が鮮烈でしたが音楽誌のライターさんの視点ではそのことには触れてない。
多くのファンの琴線に触れつま弾いたことは確かなのに「記録」は残されてませんでした。

奉納という神殿ありきのLIVEは常に「何か」が作用します。
剛さんとメンバー、観客、スタッフそして「何か」の存在を感じます。

その何かとは「琴線を創りし者」の眼差しだと思えるのです。
神道には特定の偶像崇拝の対象はありません。
八百万(やおよろず)神とは800万個の神ではなく万物を指して呼称します。

神に上も下も格も席順もなく平等です。
分け隔てなくすべてに神が宿る、古代の教えが日本人独特の宗教観になっているとすれば
誕生と成長は神社、結婚を教会で、死してお寺に眠ることができるのです。

目には見えない「何か」とは日本人の感動の琴線は八百万から始まっているのでバレンタイン、ハロウィン、クリスマスを盛大に行うことも納得でした。

笑う門には福来るです。

オレンジと黒、コスプレで盛り上がる街を抜けて明日、大阪へ出発です。

 

 

 

 


 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

むげなお知らせ来た。 [ココロ目]


グループのコンサート案内が25日に届く。
すでに予定している他のLIVEと被らずホっとした。

が、晦が無い。
平日が無い。
大晦日、元旦は出かけられない友は泣くだろう。。。。

やはり、泣いてた。
主婦にはキビシ過ぎる年末年始の自由行動。
販売系接客業も頼み込んで唯一休める平日です。
学生、事務系OL・・・だけじゃないんだってば。


むげなはね。
20130919むくのはねR0165872のコピー.jpg
月あかりのように
何年も何十年も
優しい気持ちのまま・・・
むくのはねセーター羽根.jpg
ファンでいさせてあげて下さい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

菊好き [Goods]

Fashion&MusicBookに普通のお便り復活。
「好きなお花はなんですか?」
デビュー当時にありそうな質問にも答えます。

2013小喜利2種.jpg

菊と桜、と答えるのは2008年も変わりませんでした。
今年の「小喜利の私」のチケットイメージも菊でした。
http://endli9cheri12.blog.so-net.ne.jp/2008-11-16

菊千代紙.jpg千代紙の菊文様デコメ待ち受け発見

http://deco.yahoo.co.jp/detail/img/4122278/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のカフェタンブラーのデザインも完成し着々と大阪出発の準備は進みます。
RADIOの「集中したいことがヤマズミ」な中でオトナの約束は果たします。
「小喜利の私」公演チケット即日完売の報告もありました。

ファンは生剛さんに飢えてるんだし笑いを求めてるんです。
約束だものそこを、なんとか・・・
と揉み手のお願いですわ、若旦那!

2013年小喜利の私 公演記念GOODS
◇あいうえおかきくけこたちつて・・・さげ 1,800円
◇おふくろさん・・・・・・・・・・・・・ 1,500円
◇おみくじティシュ・・・・・・・・・・・  300円
◇SUPER爆笑HAND・・・・・・・・・・・ 1,600円

見てのお楽しみなgoodsネーミングです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

生のチカラ [ココロ目]

生のチカラ

生放送は同じ時間の共有につきます。
見る側が感情移入することで作り手の想いが視聴者にダイレクトに届くのです。
現在「生放送」はニュース番組、ワイドショーくらいですが、貴重な生のバライティー番組「笑っていいとも!」が番組打ち切りを発表され益々テレビで鼓動と感じる放送が無くなります。
 
Mステの生放送には制作スタッフ、アーティストそしてMCタモリさんが一枚岩のチームワークがあって初めて完成します。
だから・・・音楽が生き物となる。
 
チームの強さが発揮できるテレビ朝日だから面白いのです。
良い番組を作り届けたいというTopダウンが全スタッフが動かす、これには情熱しかありません。
 
鼓動と呼吸が伝わり画面に手をかざすとドクンドックンと血流が聞こえてくる音楽でした。
 
社員全員のチームワークを24時間生放送するショップチャンネルがある。
ザッピングで偶然でしか出会えないがTV、パソコン、スマホの四角の巨大なメヂィアで浸透するQVC放送。
視聴者とナビゲーター(番組進行係)ベンダー(商品提供者)がリアルタイムで対峙しています。
展開も放送事故もまったく読めないスルリリングな放送はたまたま見てしまったことで地上波のバラエティーやドラマに飽き飽きしている視聴者はハマるのです。
全社員が参画するスリリングな生放送を24時間OA、既存のTV局では絶対に不可能なスポンサー無し。
「テレビショッピング」で1日3億円の売り上げをたたき出し、専用のテレビ局の社屋も完成。
名づけて「QVC SQUARE」
qvc.jpg
SQUARE四角・・・反応しますね、球体がシンボルのTV局があるんでね。
視聴率は商品の売り上が数字で明朗会計、人気は何なのかがシビアです。
QVCチャンネルに合わせるとTVを見れません、TV視聴の形態が変わりつつあるんですね。

今日25日のMステの新曲披露はリアルタイムで見ることが出来ませんでした。
録画撮りで見てもビンビンに伝わる音楽のチカラは生放送に携わるスタッフのチカラです。
先日の吉田拓郎YOKOSOで小田さんが言う「あっち側の人間になる」
小田さんは収録の現場では出演するアーティストの気持ちより、制作側の気持ちになってしまうとのことです。
生放送の場面転換、音声、照明、美術総力を上げて現場を作る側の眼で見てしまう自分も「あっち側」でした。

32台のカメラと高度なデジタル合成、撮り直し可能なPVの世界を生放送3分に凝縮したMステの放送は
そのスタッフチカラで「生」から生まれるグルーブを表現しきった「色は匂えど散りぬるを」でした。

それにしても建さんの詩、ロマンチストなんだなぁ〜と本当に意外でコソバイです。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

KISS [ココロ目]

昨日武道館LIVEに参加した友人から画像が届く

ナントLIVEのステージが撮影可のLIVEだった。

本日そのLIVEのLIVE放送がWOWOWで実況放送でした。

R0166340.jpg
オッサンたちかつてのフルメイクでオーディエンスを煽ります。
海外のLIVEで観客がケータイでパシャパシャと写すのは見たことが現実に。
背後からテレビカメラにも納まる皆さんの上げた手に液晶の小さな四角が乱立しているのです。

外国人ロッカーでオッサンにだけ許されるんでしょうか?
遂に武道館で・・・変わるもんです。

アーティストはKISS

押さえどころは一緒のようで・・・
R0166347.jpg

一斉にパシャ。
R0166346.jpg
TVのスクエアをデジカメのスクエアで録りPCのスクエアに移すのでした。


ウドー音楽事務所へ「ミナサンハクシュ」と来年に向けてアピール
ファンサービス、で、、まさかのまさか・・・歌うは

「スキヤキ」
だった。

これなら日本全国民が歌えます。
てこんなにチカラをくれる世界の日本の音楽は坂本九さんしかいなくて半世紀です。
外タレの殿堂の武道館は本日も満員でファンを歓喜させてました。

 

KISSした?KIDS・・・は。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

YOKOSO大御所 [ココロ目]

NHKプレミアム 
吉田拓郎YOKOSO 
10月18日OA

第一回目ゲスト堂本剛さんに続き小田和正氏登場
テレビ初対談、世紀のツーショットです。
ギター伴奏で歌いながら小田さんの到着待つ拓郎は緊張気味。

「歌で迎えてくれたの・・・」

打ち合わせ無しのブッつけ本番です。

年齢は一つ違い、拓郎67歳小田さん66歳
音楽デビューは1970年これも同じ
ここからは大違い
広島と横浜、広島商科大学と東北大建築学科、デビュー2年で若者のカリスマとコツコツ9年の不遇時代・・・・
要は「太陽と月」「動と静」「情熱と冷静」「ヤンチャと優等生」「光と影」・・・対極的な印象です。
一緒に並ぶと彼らの人生にクロスすることのない、あってもフォーライフがファイブになり得ない。

そんな対談の中に「今だから喋れるね」が続く、お互い距離を置く理由が随所見つかった。

「昔のTV出演は嫌だった」
RADIOにはスタッフ一丸で良い番組を作ろうという気運があったがTVは「出させてやってる」のアタマの固いオトナが動かす時代です。
クラッシック畑のオーケストに一音の狂いにもダメだしがある、どの音なのか解らないくらいの些細な間違いを指摘されてたらしい。
現場のスタッフの世代交代でTVも変わり出演が増えていく・・と冷静に思い出し打ち明ける小田さん。

「嫌なら帰ってもいいよ」
なんてのはザラで頼まれたから出してやってるってことらしい。

拓郎もLIVEのMCでNHKのオーデション不合格をボヤいてました。
審査委員長が藤山一郎さんの時代です。

「小田和正流アルバム制作」
そのNHKさん、持ってます貴重映像「若い広場〜オフコースの世界〜」ドキュメンタリーで音楽作りに密着
小田さん34歳は現在の剛さんと同じ年齢で音作りの映像が残ってる。
アルバム制作に向けてリズムを決めコード進行を加えカタチにしていく完璧主義の進め方がスゴイ。
くり返しくり返し音を探り見つけつなげてゆく地味な作業、曲完成後詩は独りで後から載せる。
800時間かけたアルバム完成後のインタビューで

「録り直したいです」
深夜自宅で孤独に曲作りに励む34歳の剛さんに被ります。


「いい話だね・・・」
これが小田さんが新しい情報を得ると漏らす賛辞です。


「自分のカッコイイの知ってたんだ」
拓郎一人天下を9年眺め続けた小田さんが知りたかったことのようです。
スーパースターを脅かせたのはオフコース、陽水その他のアーティストの存在があったのを率直に拓郎は伝えてくれる。

小田さん
「それもいい話だね」くり返します。



「最近頭か抱え、七転八倒でひねくり出さないと曲が書けない」
それで「がんばらなくてもいいでしょう」なんですかね拓郎。
小田さんの楽曲は無限に湧いているように思っている。

「僕だってスッと書けたことないよ」
   君の人生を語らず、いいじゃない・・・」
スクリーンショット(2013-05-30 1.26.23).png

「人生を語らずはスっとすぐできた」

拓郎の想いが噴出し曲をつくらせていたようで今でも大事な楽曲は
スっとほとばしり出た詩とメロディーに限られるそうです。

ファンの間で名盤と言われるのは恋と別れで拓郎プラベで七転八倒していた年代が愛されてます。
そういえば・・・
公平チャンの教え
「悪女と付き合え」
キヨシローの思い込み
「シアワセではイイ曲作れない」
と言ってました。


「最近ボイトレ始めたんだよ」
拓郎まだ一ケ月で「G」がオクターブ下げずに出るようになったと報告。
「人生を語らず」は29歳の頃は張り上げれば出た「G#」に近いのが出る。
ボイトレって恥ずかしいし億劫だけど効果あると嬉しそう。
来年のLIVEが楽しみな発言でした。

「いい話だね今日いい話いっぱいあったね

若い頃の声を維持する為喉を守りアスリート並に体を鍛えるミュージシャンは微笑む。


「貢献するした」

世界進出が出来ない日本の音楽、オリコンよりビルボードを目指せと熱く語る拓郎。
坂本九の「スキヤキ」でだけなのは淋しい限りです。
何で日本の音楽は世界に認められないんだと小田さんに問いかける。


バッサリ

「必要とされてないんだよ」と小田氏

大事なのは亜流でないオリジナルな音を目指すアーティストの不在を指摘。


「僕にはないけどそう君が思うなら行動しなよ」

拓郎の夢想する自分の音楽をボブ・デュランに歌ってもらえたら・・・そんな夢がまだ彼にあるのがチャーミングでした。
そうだよね、スティビー・ワンダーが「愛しのエリー」を歌った実例もあるんだし出来ないことじゃない。


日本の人がよろこんでもらえる歌を作りたいんだ。
クールに分析し解り易くコトバを適切に考えて話す。
小田さん「いい話ありがとう」です。

小田和正氏が残したの「貢献」とは音楽を目指す後輩、良い音楽を求める人々の心を向けている眼でした。

ANNGリスト.jpg
今年は「ジョンレノン音楽祭井上陽水参加」もあり大御所がメディアで本音を語りだしたウネリを見ました。
TVを変えたオッサンたちはこれからは日本の音楽も変えていく潜在パワーを感じるのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バーチャン買い [ココロ目]

白壁R0166272.png
フラゲの為に銀座山野へお買いもの。
予約は初回Bと通常盤のハズが、通常盤が予約からモレてた。
通常盤なので追加可能です。

「初回A盤もまだありますか?」

「ハイございます」

「売り場にSHOCKがありましたのであちらも一枚」

バーチャンは孫のメモリアルですからファン言うところの「オトナ買い」

会計も済んで念押しで・・・
 
「SHOCKはブルーレイですよね」

山野銀座店の係員サン慌ててる・・・・
「ブルーレイもキャンセルあります!」

二人で売り場へ確認に急行
やだよ、ブルーレイレコーダーでDVD見ることになるところだった。
「これって先行予約受注生産でしたよね、取りに来ない人いるんですか?」
やだよ、取りに来ないブルーレイ3枚DVD3枚在庫アリです。
 
帰り際にメインに斎藤和義のフギィア付限定二枚組アルバムがディスプレイされてた。
明日発売で、「斎藤」「和義」と二枚のアルバム、試聴で「流星」・・・・聞いた
バーチャン買いで予算オーバーですからね
 
 やめた。
 
 
帰宅しシングルCD聴きPV観賞
ドンドンワカガエルカッコイイ風情
ミミコソバクテコッパズカシイ自分
どうした自分の感性・・・淀んでる。

 
小喜利チケット開封
ドキ・ドキ自分の名前入り
この世に
たった一枚のチケット。
席は?
ハチドリ.gif
わぁおohooo〜〜〜〜。
最後列端っこのいつもの席。
ここまで見事に続くと・・・・
記録デス
 
スズメの 17文字
 
 わが門へ 来そうにしたり 配り餅
 
一茶
振る舞いの救済餅どうしたことか
我が門(家)は素通りだった。
小林一茶さんは貧乏な句が多いです。


まんま。
 
ゼツボーして寝ろダネ
 
 
 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽