So-net無料ブログ作成

RADIOありき [RADIO]

Fashion&MusicBook 

昨日のRADIO後半は聴いて自分が苦しくなるような言葉が続いた。
フェイスブック、インスタグラム、ブログもツブヤキも許されない伝えたい報告したが手段がない。
それでも「ファンとは繋ってるを実感している」と語った。
RADIOの場がまだ確立する以前の心境、本当の自分が通せない孤独の重圧の苦しさを何べんも何度も訴えてた。
自分を通せる場所それがRADIOだったとカミングアウトしたのは西のRADIOの最終回でだったと思う。
この日の放送はファンにとっても引き裂かれるような痛みが走る放送でした。
最後に読み上げられたリスナーメール、キャスケットは自分だったこと、仲間内で続けていた文字起こしレポートの担当が自分だったという忘れられない放送でした。

2010年9月24日FM大阪ファイナルの放送より
中盤からの文字起こし
m_201003005E697A5E6AF94E8B0B7aJPEGE5A489E68F9B.jpg

僕からするとダイレクトでね、ちゃんとメールも読めるし、それに対して答えることが出来る。 
でもこれってテレビっていうメディアであったり、雑誌というとなかなか難しくてね。 
だから、ラジオってなんかホントの自分で話できるなぁっていう。 

でも、勇気いるんですよ。 

ホントなんか自分で話するって。
人間だって、何で自分をさらけ出せへんかっていうたら、ビビってるからなんですよ。 
自分がどう思われたら嫌や、とかね。 
こう見て欲しいという欲があるからなんですよ。 
でも、その欲を捨てる事で自分が素直になれていくんですけれども、その素直にしてくれたのが、やっぱりファンの皆さんであり、まあ、この場を本当に提供してくださったね、FM OSAKAさんだったりしてね。 
 

だってこういったラジオもね
「ちょっとまあ止めてくれ
やぁ」
って云われることもなくね素直に、ずっーと続けさせて貰ってますからね。 
ホントにいろんな人たちが、闘って、闘ってね、愛の闘いを繰り返して今日までたどり着いたなぁって、そういう印象ですね。
 
なんかこう~ うーーん、人ってね、繋がる事が出来るんですよ、そういう生き物なんですよ。 
あのまぁ、孤立化する事も出来ますけどね。 
でもね、繋がると云うことをね・・した方が良いと思うんですね。
で、それは欲で繋がるのではなくて、もう『無償の愛』ですよね。 
『無償の愛』で繋がると云うことが、本当は理想ですよね。 

ひと一人がね、出来ることって無限にあるっていう事をね、もっとたくさんの人に気づいて欲しいな。
ひと一人が何か動く事によってね、世界変える事出来んねんでって。
みんなの力が どんどん、どんどん集まっていくと、想像せぇへんところに飛んでいけるのも人間。 
でも、その可能性はあきらめて生きている人っていうのは、やっぱり残念ながら何も産まない。 
うん、全く何も産まないという事ではないけれども、産む機会とチャンスと自分を見逃していくって云うことやっぱ多いと思うねんなぁ。 

だからなんかこう、僕がラジオでやっぱり本当の事、話しようかなっていうふうな気持ちになったのも、もの凄く成長した事だったし、そこで、本当の話が出来たんで、ファンの人も本当の話をしてくれてっていうグルーブが始まったんですよね。
 

ほんと、このラジオね、聞いてくださった、支えてくださった皆様にホントに感謝の気持ちを全身で僕は持っていますからね。 
うん、みなさん、本当にありがとうございました。 
もうホントにいろんな手段を使って、みんなに伝えようとしてくれたっていう・・もうこんなに大っきな愛をね。

僕は見過ごすわけがなくてね、まぁ皆さんの愛が、ホントにあのう・・・・今以上にね

キラキラ キラキラ、本当にね煌めくようにね、僕も今のこの環境とかいろんな状況ね、まぁ争うことなく真っ直ぐ生きていけたらなぁって。
僕はいつも争いたいと思って生きてないからね。 
まぁ、これだけ熱い想いをね、たくさん戴けるってそういう機会、本当にないので、みなさんホントにありがとうございます。  
 
そうですね。先ほど叶えkeyのね、お話とかも出ていたりしましたけれども、叶えkeyという曲はホントになんかこう、自然にこう出来た曲ではあんねんけどなぁ。 なんかこうもっと日本人であるって云うことだったりね、自分て云うことを明確に持とう!っていう、愛そうみたいな。 何かを叶える為には痛みも必要だよっていう。 だから何も悲しい事では無いんだよっていうね。 なんかそういうふうな想いを込めて作った曲ではあるんですけれども。  
じゃぁですね、凄くいつもいろいろね、良いといってくださったりするのでね、♪これだけの日を跨いで来たのだから という曲と、♪叶えkey、こちら2曲聴いて頂きましょう。 
どう
ぞ。
 
♪これだけの日を跨いで来たのだから
 
♪叶えkey
 
堂本剛とFashion&Music Hall、今夜もエンディングの時間になりました。
もうラストですね。
ホントにラストのラストになってしまいましたけれども。
え~ ホントにね、他、いろんな方に戴いているんですけれどもね

[ゆきこんままさん、あゆみんみんさん、パンナコッタさんに、ちえさん、なっちゃんはねさんに、あこさん、かよこさん、いけださん、みずきさん、はるきさん、お茶だいすきさん、まいさん、まこちさん、なあちゅんさん、さやかさん、たらこさん、あやさん、ばんびさん、ひろみさん、なりさん、ころころさん、まろんさん、みちえもんさん、いろはもみじさん、かすみさん、えみさん、しーさん、あにゃきんさん、うぉりこさん、さっちゃんさん、あつごんさん、ぶっちーさん、よちこさん、こりっきーさん、さとみさん、るるんさん、百人力さん、なりさん、ぼんさん、ふぁんふぁんさん、バームクーヘンさん、ゆっこさん、としえさん、ゆみさん、まきまっきーさん、えみさん、ちゃこさん、20時以降たべないさん]

ホントにあのう・・・・いろ~んな人にお便り戴いております。
もう なんでしょうね。 
この・・・西~やからしゃべれる事っていうのかなぁ。 
これもう差別とかじゃなくてね、なんかこう、なんか西やから出てくるものってなんかあるんですよね。 
人間、アーティストって場所が変わると出るもんが変わってしまうんでね。
で、これ いうても東京で録ってるやん、って云われても、僕これ東京で録ってる気はしてませんからねずっとね。
西に投げてるって云う気持ちで録ってますから。 
で、東も素晴らしいところいっぱいあるし。 
うん。 やねんけど、やっぱ西なんやねんなぁって気はするんですよね~。  
ま、でもホントにこのラジオという中でね、あの~こんなにも

ありのまま素直
に生きるなんて
事が出来るんだ~って

自分でもびっくりしました。 

でも、ホントにねファンの人の力って凄いなぁって思うんですよ。
何ていうのかな、自分が考えてて、これはちょっと愛じゃないのかな?とか、止めた方が良いかな?って思っても、みんなが素直でさらけ出してくれたから、自分もこういう風な自分になれたりとか、ああ、この人たちの前では本音で良いんだみたいなね。
そういう気持ちにさせてくれて。 
ホントにだからファンの皆さんが僕を救ってくれているけれども、スタッフはじめね、様々な人を助けてくれている、救ってくれているんだと云うことを、お伝えしたいなと最後に、と思いました。 

あの今、感謝の気持ちをたくさん伝えてくださっていたんでね。 
うん。でも、あなた達の大っきな愛っていうものはホントにたくさんの迷いとか不安を救ってくれてますよ。 
僕はじめ僕の周りの人たちにもね。 
うん。 こういう事実というか、本当の事をこれからも胸に、うん。体にも全身に感じてね、うん。生きていきたいなというふうに思います。 
 
みなさん、本当に長く、長くありがとうございました。

さあ、ということで、いつもここではね、番組の方にメールを送ってくださいというふうにお伝えするエリアなんですけれども、まぁ、今日で終わってしまうんでね~ うん。  
ただ、まあ今日の最終日の感想はね、なんか聞けたらなぁと思ったり。 
その感想を僕ももちろん読むけど、まあ、以外の人、今この部屋にいない人、だったりにもやっぱり届けたいなという想いもありますので、みなさんもし良かったらですね、最終日の感想あるいは、それ以外の事でも構いません。 
番組にメール、感想を送って頂けたらなというふうに思います。 fmosaka.net  fmosaka.netからリクエスト・そして番組名を選択し、メールフォームから送ってください。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
さ、そしてお知らせなんですけれどもね。先ほどもメールにもありましたが、10月の6日と7日に京都の平安神宮さんでライブをさせて頂くことがもう決定しております。 


で、みなさんチケットを買って頂きましたので、無事に完売致しました。

ありがとうございます。 
来て頂ける方とね、泣く泣く来れない方、いろんな事情で来れない方、いらっしゃると思いますが、
離れていてもね、目の前にいなくてもね、僕の思いというものはね、ホントに凄まじいところまで届くものだと信じています。

ホントそんな気持ちでいつもやっているんですよね。
もう全身、つま先から頭の脳天まで使って歌ったり、演奏したりするんで、なんかこう、目に見えないエネルギー波とみたいなものがね、枝分かれに枝分かれをして、心の中に届いていくんだというイメージでいつもやるんです。だからそれが屋外であろうが、屋内であろうが。 うん。 天井があろうが無かろうが、いつも関係無くてね。 
どこまでも飛んでいくっていうか、そんな思いで、そんなイメージをしながらいつも歌うんですよ。
だから韓国まで届いていったんかなって、いろいろ思ったりするんですけれどもね。 
でも、いつかね、なんか韓国とかでねライブやれたらなとかやっぱ思いますね、こういうエピソード聞くと。

ま、これから え~ 皆さんに様々な詳細をお届けする場所も少し減ってしまいますけれどもね、 tsuyoshi.in というアクセスする場所もありますし、堂本剛のね最新情報をお届け出来る無料登録のものもあったりしますので、このtsuyoshi.inの方にもアクセスして頂けたりすれば、また何かそこからお届けできるとは思っておりますが。
 さ、ということでございましてね、ま、ホントに2年半ね、[あっという間]でしたけれども、これ多分あっという間やったのは、楽しかったから他無いんですけれども。 ね、みなさん、本当にこのラジオで繋がった成長した様々な自分、発見出来なかった自分とか、いろんなものホントにおありだと思いますけれどもね。 

このラジオで培ったものをね是非明日に繋げて、そして未来に繋げて頂きたいと思います。
そうすればまた、みなさんとこういうふうな機会を設ける事も出来る、と僕は信じておりますのでね、ホントにねこれから様々な人生皆さん、送られると思いますが、どうぞ一度きりですから、自分の信念を持ってね、自分の魂が、絶対的にふるえる場所へと歩いていってください。
 うん、これは僕もそうしていきますのでね、え~みなさん、これからも[僕に付いてきてください]。
ホントにみんなと一緒にいろんなもの見たいなと凄く思ってるんですよね。 
また僕たちにしか描けない未来・希望・そういったものを確実にみんなで捉えられる日を信じて今日は終わりたいと思います。
 
2年半、ホントに皆さん聞いてくださってありがとうございました。 

え~ということで、最後はね、いろいろ考えたんですけれども、やっぱり『街』を聴いて貰おうかなと思いまして、うん。 この曲を聴いて頂きながらお別れしたいなと思います。 

これはもうホントに東京に出てきて、奈良とか大阪とかいろんなとこを思い出しながら書いたり、そしてその西と東京とをですね、照らし合わせて、なんかこう空見上げてとか、なんかいろんな想いで作った歌なんで、この『街』と云う歌を最後にかけてお別れしたいと思います。
 で、と云うことでございまして、みなさん本当にね、お体などご自愛ください。
まあ、あの人生一回きりですから、無理なく、自分らしく、たくさん笑ってたくさん輝いてね、たくさんグルーブしてください。
 
さ、ということで皆さん、良い週末をお送りください。 

またどこかでお会いしましょう。お相手は堂本剛でした。
 ほな!!

♪ 街 堂本剛 (ソロデビュー曲)
 

 

西のRADIO終了と同時に東のBookへのRADIOメールを送ることはしていない。
又、メール出してみようかなァ。。。。そんな気持ちになる2016年1月30日放送でした。
次回はENDOLICHERI☆ENDLICHERIの10thです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

恋せよ乙女剛 [RADIO]

Fashion&MusicBook
201601fmb.jpg

深夜大爆笑

RADIOを聞いてて声を出して笑ったのは久しぶりだ。
リスナーの爆笑メールは無心そのもの

「おとこでも、おんなでも結婚して大丈夫です。
そんなことでファンやめません」

そうだよ、自分も堂本剛の突き刺さるバラードが聴きたいもんだ。

ゴンドラの唄
作詞:吉井 勇
作曲:中山晋平

1.
いのち短し恋せよ乙女(剛)
紅き唇褪せぬ間に
熱き血潮の冷えぬ間に
明日の月日はないものを
2.
いのち短し恋せよ乙女(剛)
いざ手をとりてかの舟に
いざ燃ゆる頬を君が頬に
こヽには誰も来ぬものを

3.
いのち短し恋せよ乙女(剛)
黒髪の色褪せぬ間に
心のほのほ消えぬ間に
今日はふたたび来ぬものを
(作者没後50年経過、著作保護が外れた)


ゴンドラの唄
https://www.youtube.com/watch?v=qID_4BWk3eU
1952年東宝「生きる」主演:歌唱 志村喬 


今年こそ結婚してリアル子育て聞いてみたい

もう37でしょう[右斜め上]?

同じ奈良県の友達だった人ととかネ、

ここで本人も吹き出した
邪心なき愛あるファンリスナーのズバっトメールに完敗です。
本当、信じて欲しいです応援者をね。
大賛成ですもん。


ファンは守る

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

たのしかぐわし自分だけの奈良 [shamanara]

うましうるわし奈良の10年

巻頭の堂本剛の寄稿文が写真集になった
もしくは
shamanipponのビジョンとJR東海のキャンペーンの主題がもともと一致してるので当然の「完成度」です。
RADIOで度重ねて説く「奈良は感じろ」「自分で探せ」教えてもらうものではなく自分だけが感じ見つけた奈良が見事に一冊の「単行本」になっていた。
厳選の一枚のポスター写真、そぎ落とされた短文のキャッチコピーはシンプルでミニマムでしかも心深く想いを引きずりだしてくれる絵と文なのです。
観光ガイドブックのような事細かな親切よりインパクトのある写真が想いを掘り起こし、五感で感じさせてくれました。
自分流の奈良の凄いのは「ガイドブック」では拾えないところが集まってくることです。

ピクチャ 3.png
この風景とまったく同じのを違う場所で見つけた、

鹿お食事中.jpg
食事のため大集合で大移動の鹿に遭遇、まわりは誰もおらず、しかも東大寺の大伽藍が借景
近道開拓中の丘頂上から見つけたこの偶然にこちらも大パニックで駆け下りた。

一眼レフの巨大なカメラ、三脚で写すと見えない風景も映る。
poster3.jpg

見えない風景より見えたものが記憶だ。
JT甘樫丘夕日反射cRIMG1104.jpg

スクリーンショット 2016-01-31 16.07.16のコピー.jpg
秋篠寺は唯一剛さんがRADIOで名前をあげたお寺さん、伎芸天は芸能を司る唯一の仏像です。

唐招提寺R0164918.jpg
天平、鑑真和上の苦難を思い出します。
苔から秋に顔を出す茸を繋ぐ胞子は奉仕ともつながる。

こればっかりは素人では無理、自撮り棒でも無理。
スクリーンショット 2016-01-31 16.09.37.png


見上げることしかできないなら、せめて正面玄関から参りましょう。
西大寺R0156163.jpg

手間を惜しまないことで手に入るのは
ガラスやヒトの頭越しでなく至近距離で出迎えてもらえる
微笑みも吐息も感じられる
嬉しさも匂いも格段と上がる体験は忘れない

うれしかぐわしたのしうましうるわし、五感で感じる奈良です。

4863101562.jpg
奈良のインスピレーション満載

はじめに

刻まれた時を旅する    堂本剛

2016年奈良愛が動く。
スクリーンショット 2016-02-05 1.30.18.png

 

平城DSCN2628.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

続・歩くカモメのJさん [shamanippon]

続・歩くカモメのJさん

歩くカモメ、飛ばないカモメのJさんで気になったこと。

 な何かに2.jpg
何?

歩くカモメは他の鳥たちとつるんでたということ
ユリカモメ単体で写してるがおんなじエリアに
雀2DSCN0026.jpg
雀、は一族引き連れ10羽超え

セキレイ2.jpg
ハクセキレイくんも独りで散歩

キンクロハジロ2.jpg
キンクロハジロはツガイでパートナーありで。

s2DSCN0001.jpg
白鳥もパートナーとで一緒の堀にいるのです。

IMG_1240.jpg
後ろにいるのがスワン。


これって事実ですが仲がいいのか、会話してるのかわからない。
これって隣の堀で群れて大騒ぎしてるユリカモメの仲間たちと違う空気とグルーブです。
飛ばないカモメは他種、多品種の鳥たちとコミュニケーション能力があるということだけは判った。

それだけです

飛ぶに執着し続け、高みへ次元を超えたジョナサンには、好奇心の芽生えた若い後輩のカモメにリスペクトされ追従された。
それには命をかけて挑戦し「認知」には「時間」と「根気」がいるのです。
体を張って飛び続けるとね違う世界の扉を開けてしまうのです。

ゆりかもめ10羽DSCN9921.jpg
ユリカモメの集団はお隣の堀中央を陣取ってます。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

歩くカモメ [shamanippon]

飛んできた!
ユリカモメ.jpg
カモメのジョナさんですかね
一羽だけ群れから離れて行動してる
そして、妙に馴れ馴れしい
逃げない
ユリカモメが鳩や雀のように
IMG_1246.jpg
散歩してる
 
IMG_1238.jpg
トボトボ。。。

剛さんLIVEのチケット発送のお知らせ飛んで来た来た
明日です、外出できねえーな、とひるんだが
考えてみたら当選してないんだもん
来る訳がないトホホホ。。。

IMG_1233.jpg
変わりもんだね君は。


カモメのジョナサン
今から46年前の出版
食べるために飛んでウンチして長生きするのがカモメ、
その中で
飛ぶを知り極め高みに目指し挑戦する
変わりモンの一羽のカモメの話
全世界で4000万部の売利上げたちょーロングセラー
ちょー大ヒットのベストセラー
封印の第4章未発表作も入れて2014年に発売
難解な禅問答の物語です
 



かもめのジョナサン完成版

かもめのジョナサン完成版

  • 作者: リチャード バック
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/06/30
  • メディア: 単行本




かもめのジョナサン - Jonathan Livingston Seagull【講談社英語文庫】

かもめのジョナサン - Jonathan Livingston Seagull【講談社英語文庫】

  • 作者: リチャード バック
  • 出版社/メーカー: 講談社インターナショナル
  • 発売日: 2007/02/07
  • メディア: 文庫



群れを追放され、自分らしさを追求し諦めず
大好きな「飛ぶ」 貫く
ジョナサン・リビングストン
の物語。

カモメ後姿.jpg
 知らんがな






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

お知らせ来ない。 [Ginger Yell]

毎年お知らせ来ないのmemoが続くシーズン到来

親展

重要書類在中

yamato.png

 

 VIP 

 

 

 

 投函厳禁・完全判取 

 

 

 再発行不可 

 

セキュリー ・パッケージ

 

SHOCK3月公演チケット先週完全武装で届いた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

怒ってない変なんだ。 [Ginger Yell]

葉牡丹.JPG
12月26日からポインセチアが一斉に葉牡丹になる街の 花壇。
雪国から転勤してきた同僚が初の東京の冬体験に不思議そうに言った。

「東京は花壇にキャベツ植えるの?」

昨日、奄美にも異変
スクリーンショット 2016-01-28 12.19.01.png
「南の島に雪が降る」異変の冬です。

Macが変だ
通常使用のがこの二週間で リカバリー・復元・再インストールで明け暮れてる。
オマケにスマホが暴れて、ブルー画面・白黒ストライプ・電磁場のような灰色光がループしてる。
控えのMacも
バージョンが合わないんだとかでEntourageがメール受信不能に落ちた。。、外部と遮断され不気味です。

自宅でも異変な冬です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

上腕三頭筋ノススメ [ココロ目]

2016.1.18から目線の 視点が変わった。
心眼

ぶんぶぶ〜〜ん。

きゃめらの数より予算少ないんかな〜〜。
ノーぷらんって作家さんもつかないんかな〜
ばんせんでなきゃおきゃくさまもきてくれないんかな〜
見ていて番組本編より決算前のふところ具合が心配になる中

剛さん:「そういうタイプの人ね、(番宣でだけ?)』
見返した小栗旬くんの気詰まりな沈黙の視線が切ない。
主役張る座長の責務の大きさと、それでも「出たいと思う場所」にこの番組を選んでいることで
「気持ちわかってよ」が見て取れた。
剛さん本人より周囲の動向、レスポンスに注意するようになる。
 
筋トレフェチの旬くんのアドバイスは
 
「上腕三頭筋を鍛えるとギターの音色が変わる、良くなる」
 
自分もそう思う
水晶よりそう思う
エフェクターよりそう思う
キヨーレオピンよりも確実だ。
キース020.jpg
60年ギタリスト続けるとギターをどこで弾こうと素敵だ。

理由はストーンズのキース・リチャーズ
LIVEスタートのギター位置はベルトで中盤には太腿に下がり、後半は膝下終盤は座って弾いてる。
72歳、頑張ってるけど確実にバテてる。
筋トレホリックのミックは100倍飛んで走って2曲以外は唄ってるもんね。

剛さん、ドラマの役の為ボクシングトレで僧帽筋が発達し首が太くなったのを気にしてたけど、
そのおかげで声帯筋を鍛え声量が安定したんだとしたら。 
上腕三頭筋(同時に二頭筋も)のトレーニングはギターの音も変えると思う。
9日間で昼夜入れて13回ステージを乗り切る安パイなセトリを考えるより、
MCでチョイチョイ休憩で中断するより、
メンバーに早く演奏しようよ、とせかされるより
筋トレだと思っちゃいました。
 
上腕三頭筋

kr11.jpg
あぐらをかいて弾く、上腕三頭筋がものをいう。
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

キャベツとブロッコリー [RADIO]

Fashion&MusicBook

201601fmb.jpg

リスナー,十代からのメール

まさかこんなにパワーが貰えるとは思わなかった。
みんなチャンと意見、ポリシーを持っている。。。

軸がある。

若い心の軸は率直で朗らかなのでそれを聞く大人の自分はうれしい。
何故なんだろう、チャンと考えてる十代の言葉が自分に力をくれたことは確かです。

この国の良いところ、このRADIOを聞くようになってから見えるようになった。
なんで見えてなかったんだろう、目にしていても見えてない。
誇れるニッポンが沢山ありました。
この国の十代の子どもの言葉なんか問題にしてなかったし「若さ」でハシャグ風潮を軽視してた。
でも、話してみると皆真面目で本気でこの国の未来を案じてた。
いつかいい加減な大人になっていくであろう「私自身」に嫌悪してた。

あの頃の自分と同じなだけじゃん。

真面目を放送する勇気は
真面目をソロLIVEのMCで説き続けるのと同じです。
話題やニュースにはならない、宗教じみてると揶揄されるけど真面目を正面から貫く剛さんの姿勢にエールを送りたい。

番組企画の占い師さんが云ってたね

「心は12歳のまま」

出来ないんだよオトナで、自分のような俗物にはね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

20年前、褪せない伝言 [ココロ目]

予約したTVfanCROSSを引き取る。
予約の時にも隣で「KinKiKidsが表紙の•••」尋ねる人がいました。
重版の重版、何がKinKiファンを動かしたのか?

「そうか、このショットを待ち望んでいたんだ」

その一葉は俯瞰で取られたふたりの寝転びショットでした。
ファンが大好きな無防備ショットです。

TVfancrosssaru.png
とは別に散乱するモンキーな縫いぐるみ、玩具の中に何処かで見た、ぞこのサル!

さる.jpg
猿のお面のイタズラ書きに見覚えある。
1995年5月5日発売のファースト写真集の最終ページで披露された20年経っても変らない絵心です。
発刊当時はSMAP、KinKiKidsジャニーズの存在も知らない自分でしたが、その頃のメモリーが少しずつ増えアーカイブされつつある。
1995年に立ち戻るとこんなのが見つかった。
1995年Myojo10号先輩中居正広対談「中居くんはぼくらの太陽や!」
おしゃれカンケイに届いた「16小節のLOVE SONG」手紙に託されたメッセージ読み上げるコーナーがもとのようです。
お互いへのショートメッセージが交わされてる。

20年前にすでに現在を見通してアドバイスできる先輩の言葉はふたりの傍で心して接していないと伝えられない真実と普遍性に溢れてる。

ピクチャ 4.jpg

ピクチャ 3.jpg

ピクチャ 5.jpg
Myojo1995年10月号より抜粋

 キンキへ.png

光一より.png

剛より.png

雑誌のライターがジャーナリストの誇りを持って書いてた時代の仕事です。
20年後に読んで心が揺さぶられる「記事」に今は出逢わないのです。
夢を売るを伝える雑誌が夢を打ち砕くのに加担するメディアになっている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽