So-net無料ブログ作成

年齢差60に残す [ココロ目]

関ジャム完全燃SHOW
テーマは
注目の十代アーティスト
音楽業界のプロが選ぶ今知っておくべき10代のアーティスト
目利きなプロデューサーが押す新進気鋭の若き原石のラインナップなんだそうな。
この企画はテレ朝のMステスタッフが培った発掘力と合わせれば見所満載。
しかもMステまで及ばないまでも影響力はかなりのものでこの番組で取り上げられると「市場」が動くってもんです。
すでにその兆候は現れてるとの事、十代が。。。の中に「あの KenKenと。。。」と表題がついて山岸竜之介くんがピックアップ。
当然ムッシュとステーヴさんが画面に登場。
もちろんKenKenもなのですがLIFE IS GROOVEのLIVEステージが一瞬、流れた。
竜之介は十代とはいえ幼稚園年長組の時すでに尊敬するギタリスト、チャーとコラボのスーパーキッズです。
その流れでKenKenそしてムッシュかまやつに繋がる。
その先には。。。言ってもせんなきこと昨年のRADIOでは竜之介との接触も話してたから剛さんとも何らかの接触はあった模様ね。
今しかないはジョンレノンスーパーLIVEで洋子さんとのリクエストを逃し、清志郎とのツーショットも「夢想」で終わった。
FullSizeRender.jpg
ザ・スパイダースのファーストアルバム
日本のロックバンド初のアルバムは昨年訪れたカセットテープ専門店「waltz」さんで購入。
購入の動機は自分のお小遣いで初めてLIVEに参加した日劇ウエスタンカーニバル。
応援するため初めて作ったネームボードは「ヒロシ」
十代、黄色い声、大声量で叫んだ

「かまやつサン、たら、かまやつサン」

周囲から大爆笑をかった。
そりゃね、歓声はジュリー、ショーケンばかりだもん、渋いはさ、かまやつひろしは。
当時おしゃれな洋楽を教えてくれたRADIOのDJ、福田一郎、八木誠、糸井五郎が赤マルつければ素直に信じた。
ムッシュはそれをもっとお洒落にプレイし音楽を作ってた、他にも加藤和彦とZUZUも別格でかっこよかった。
東京を目指しガツガツしてるミュージシャンの中でね、Mr六本木ムッシュはカッコいいと思ってた。
このLPレコードを見つけ、つないでくれたのが堂本剛さんなのも不思議です。

記念すべき日本のROCKの夜明けのアルバムにただ一つ置かれたのがムッシュの作詞、編曲、歌唱の「しずかに」
この世界的なアーダジョを選曲したムッシュの音楽センスに愕然です。
50年後この世を去る日のために愛する人々に残す遺言状のようなレクエイムなのです。

竜之介が繋いだ一瞬のかっこいいムッシュが残したのは「音楽は楽しく老いても生涯かけてやりなさい」だと思う。
そしてテレ朝の神企画このタイミングでね、放送です。

六本木という街で音楽のマグマを動かしてた野獣会のメンバーに憧れた地方出は拓郎も沢田研二も含め数知れない。
ハンバガーイン6320.JPG
2004年→2005年堂本剛カレンダーより
2005年に閉店になった六本木ハンバーガーインで撮影。
米軍基地、大使館も多いロッポンギは不夜城の街、年中無休、24時間営業は鍵のいらないお店でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽