So-net無料ブログ作成

変な話、30年後。 [RADIO]

Fashion&MusicBook
bayfm78

E58FB0E6B9BEE6AA9CR0166940.jpg

街角、突然桜、あるあるあるそんなことのつながりで
気温に騙されて咲いちゃう桜、不安定な気温でシニア、体のメカニズムも崩壊してしまう。
花粉が通年の4倍飛んでる・・・・・・モンキーセンターのお猿さんも花粉症発生・・・・
ちなみに剛さんはブタクサ花粉なんだそうな。

杉花粉症の自分、RADIOのこのコメントを聞いてるだけで鼻水が垂れるんだなぁ。。。。。

後半は100年後の時間の感覚の捉え方の違いの妄想な呟き。
実現達成の短縮化

宇宙人とのRADIOも共同で季節、流行、個人特有、を争わず共存する
宇宙人と地球人の笑いの「ツボ」が違い、身体から発する「音」の違いも受容して共存共栄の世界。。。。
70、80歳になっている頃には「ロボット化」が進む時代に、自分も嫁子供がいるかも(守らなけらばならないもの)日本の環境問題も深刻化する

そんなことを考えていると

「LOVE SONGSが書けない」

 

変な唄になる。。。。。。。

知的に哲学的に妄想を

語れる友達と話すこと

 

オチはそれだった。

FENE BOYSの「足るを知る」哲学的な意味を考えてみた。
「灯」の本来の役目は「人の役にたつ」だとすると現代の華麗なイルミネーションも奇抜な光の演出も過剰です。
150年前に海難事故から人命を救うために建設された灯台の光はシンプルです。
見える命の綱は光、届けてさえくれれば安全なのです。
便利に発達を遂げるテクノロジーが本当に必要なのかを考えさせる警鐘の言の葉に聞こえた放送でした。

灯台.jpg
屋久島灯台 
明治時代から使用してる光源の真空管と拡大するレンズ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽