So-net無料ブログ作成

送辞 [RADIO]

堂本剛

Fashion&MusicBook

bayfm78

201802ケンちゃん.jpg

鋼(ハガネ)の心がないんだ・・・道端で転んでる人を見てもなんとも思わないハガネの心


本日ポイントがありすぎてとっ散らかる、自分です。

話をつまむと

・リスナーからの恵方巻き報告と今年の堂本家の着信事件

・リスナーからの卒業式事情の報告と面接試験での心得

・正直者がばかをみる

・オーデションなしで始まったジャニーズ

・気がついたら中学生で仕事していた

・卒業アルバム制作へのプロデューサーなアドバイス

・キンチョー過ぎて本気が発揮できない

・嘘も方便で社会でのし上がる人をたくさん見た

・正直で良かったと思うことは特にない

カオスな話の流れを聞いてて剛さんは仕事を通して学び成長してきた自覚で現在があり人格形成されている気がした。これだけはハッキリしている「正直を続けたからブレない本人の魅力で仲間たちが引き寄せられた」と。それがなければ「今」の堂本剛は存在しない、正直は悪いことではない。


卒業生に贈る言葉


自分の今の胸の中に何があるのか、

それが一番聞かなければならない声

その声を覚えておき人生を重ねていく

自分を壊さず自分のオリジナルを持って生きていく

そうすればいろいろな縁に結ばれるその縁が

自分を救い自分を育て学ばせてくれる

学び育つ中で自分も誰かに影響を与えたりもする

不思議なことだが何が大事なのかは

「自分を持ち、どんな扉もあけていって欲しいそうすれば

自分にしか巡り逢えない縁素晴らし縁に出会えます


ほんと間違い無い!

一度しかないその瞬間を

全身で体感してほしいと思います。


羨ましいぞ・・・今年の卒業生諸君。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ハルナミダ [RADIO]

堂本剛の

Fashion&MusicBook

bayfm78

201802ケンちゃん.jpg



aitaiyo aitaiyo aitaiyo aitaiyo.......


木霊を聴かせてくれてるんだね十川さんのアレンジは・・・


 


ケンシロウ4787.jpg

ハルナミダ、ウタエナイッテ。

ケンシロウズ.jpg


TU宝船.jpg


Wショッピング.jpg


右.jpg


落楽マニア2.jpg


junDSCN9396.jpg


食DSCN8686.jpg


式DSCN9379.jpg

東大寺DSCN8996.jpg


junIMG_3007.jpg


bnカラー.jpg


aDSCN7096.jpg


aDSCN6963.jpg

ナミダ、モロクナッタ。


ケンシロウ2.jpg

アコギとベース、弾いてるって!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ソレの次は [RADIO]

キレ・・・か?

どんなもんヤ剛.png

どんなもんヤ!

深夜に眠気がぶっ飛ぶ発言に小々波が大波紋になる

ロングヘアでニヤニヤしていたファンにとっては大事件。アートの為とは、37歳の金田一青年とは、「剃れ」の次が「切れ」なのか福田さん・・・と、大パニックです。文化放送をノーマークのファンには寝ミミに水なのでした。そりゃー驚くよ。


ツル足.jpg

脱毛直後、ツッルツルの足、膝半月板メンテナス用テーピングでケアする:SONGSより


何かが始まろうとしているのは確かなようだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

青と赤の針 [RADIO]

堂本剛の

Fashion&MusicBook
bayfm78

201802ケンちゃん.jpg


愚痴・・・と自虐するも等身大40歳目前の男子なら当たり前な気持ちを話してた・・・

シングルリリースの「ソメイヨシノ」は母親の嘆きの吐息を聞き逃さずに生まれた楽曲なのは剛さんファンなら誰もが知るエピソードです。

「桜を何回見ることができるのか」には孫を待ちわびる心情を感じるのです。今の仕事へ導き関わったことでの功罪が「桜の開花」で年数を重ねて見え隠れするため息です。

「恋」を諦めることで過ごした十代で「愛」を育む二十代も「結」の三十代も「実」となる四十代が見えない。本心を自分の言葉で聞かせてくれるRADIOで「ツブヤキ」でした。

四十にして惑わずが近づくのに突然と襲う突発や突風(これは西川くんのこと)には本人の責任が感じることがなく突き進んで欲しいと思う。

指針というコンパス

今日の放送で一番心配な言葉は「社長のアドバイスが無くなったら、誰も何も言わなくなる」その中で自分から意見を求めていくこともある。その日の結果しだいでは別の方法もしなければならない、データを収集解析するのを得意とする人に任せ、チームで仕事をすることで伸びることもある。この発言が剛さんの現在のお耳の状態で歌唱することを指すのか不明です。自己判断できないのはアドバイスやスタッフの手助けが必要としているように思える。


コンパス.jpg

社長の適切なアドバイスがない状態にも思えたのは、グループのツアータイトルにいつもの「ジャニーさんの言葉遊び」が消えたので直感しそれが正しかった。社長の指針が外れた時にコンパスの磁石はどこへ向かうのだろう。NとS、青と赤の針先は真逆を向いてる。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

FUNKYなRADIO [RADIO]

堂本剛の

Fashion&MusicBook
bayfm78

201802ケンちゃん.jpg


 ジミヘンとプリンス

久々の神様DJ・・・聴きたい♪がね、流れた

FUNKYPANTIES2.jpg


FUNKがしたいんだどしても1.jpg



オトナの社会科見学Z.jpg


ギタープレイを聴かせたかったんだなぁの選曲で終了。

♪i gotta take you shamanippon


GM201506泡.jpg

肖像権のJルール緩和でこんなのも無くなる。


516KibsBBPL._SY344_BO1,204,203,200_.jpg

神様・・・・・・

スクリーンショット 2018-02-06 13.38.10.png

地味より紫雨に好みが移行してた。

メール原稿力で採用の「ギター上達のファミリーカミングアウト方法」「恵方巻きの思い出風景」今宵のRADIOは終始上機嫌さんの剛さんでした。


それが一番嬉し楽しいリスナーです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

クマノザクラ [RADIO]

堂本剛の

Fashion&MusicBook
bayfm78

201801.jpg


リスナー情報

100年ぶりの新種の桜が見つかる「クマノザクラ」

クマノザクラ3memo.jpg

クマノザクラ:紀伊民報より


三重、和歌山、奈良にまたがり自生する山桜・・・

何千も前から山深く咲いて、散ってを繰りかえしていてようやくサクラの専門家さんに認識された。名前もまだ仮称で決まってはいないようだ。三重・和歌山・奈良というトライアングルゾーンでの発見です。日本のチベットみたいな真言密教の総本山があり山岳信仰の聖地で修験道の荒業修行僧を見てきた山桜かと思うとね、不思議。それも100年ぶりだなんて、2006年の2月1日リリースの「ソメイヨシノ」の12年を目前の話題提供だった。

「染井村」(東京)「吉野山」(奈良)二つの土地の名前を持つ桜が日本全国で愛され、

クマノザクラ・・・素人にも見分けられるのかな?奈良行きに一つ楽しみができました。

新顔の薄紅色の野生種に正式な呼び名が待たれます。




ソメイヨシノ (通常盤)

ソメイヨシノ (通常盤)

  • アーティスト: ENDLICHERI☆ENDLICHERI,十川知司,上田ケンジ
  • 出版社/メーカー: ジャニーズ・エンタテイメント
  • 発売日: 2006/02/01
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

バスタイム・・・ [RADIO]

堂本剛の

Fashion&MusicBook

bayfm78

201801.jpg

ン〜〜気になるひとこと

リスナーの質問

「東京、せわしないですけどその中でもココ落ち着く此処ホッとする場所ありますか?」

落ち着くとき、お風呂くらいしかない、というのはどんな環境を指すんだろう。

落ちつく、ホッとする、空間は自分らしくできるのが「風呂」だけ?それだけ?其処だけ?此処だけ?

♪人類(ぼく)の此処(ここ)

もう少しその居心地の良い空間を見つけられないものかとイメージしたのはキャンピングカーだった。

ひよこクラブ2月号のテーマでは家族の非常事態には避難場所としも活用が提案されていて良い考えだと感心した。

同時に♪どこもかしこも駐車場・・・がね浮かんだよ自由自在に移動が可能ですもん。

すくなくとも仕事先で用意する控え室や待機場所より完全装備のキャンピングカーは体を休められるはずです。

対策で毎度駐車場へ避難するならなおさらね。

キャンピングカー1901 2.jpg

防音、室内空調、湿度調節、遮光、内装家具すべて最上な設計でね。

自分らしくいられるモノに囲まれて・・・

浮遊する無爆体験が新たなイマジネーションを呼ぶんだと思うのです。

♪カケタオイカケタ

ソロソロ火星にだけは帰って欲しくはないですけどね、隅田川。

ゆったりと流れるそんな大きな川をイメージして歌詞を書いた曲です

♪SayAnything


今宵もSongsでメッセージ?



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

リリックメッセ [RADIO]

堂本剛の

Fashion&MusicBook

bayfm78

201801.jpg


「どうも」で始まる摩訶不思議なRADIO、聴いてるリスナー騒(ざわ)つく

いつものルーチンのタイトルコールのあとの

「bayfmをお聞きの皆さんコンバンワ ドウモトツヨシデス・・・」よりさきに「どうも」があるだけでです。

こんな小さな異変に気がつき選曲、フルバージョンにも憶測が飛ぶ!

リスナーの質問が「TU」『Si」があって「YO」が無いの指摘に選曲がソロ発売当初の楽曲となる。

しかも選曲はフルバージョンの全詩余さず流す贅沢さだった。

スタート20分で「本日の放送いかがでしたでしょうか」でエンディング告知の早さに決定的に異変を感じる。

体調を考慮しフリートークを短くするためだと・・・する考えもある。

楽曲の作詞の中から暗号のように「メッセージ入れ込む」とするとまずメディアで流れない最後の章、二番以降から拾ってみた。


♪ SeeYou In My Dream

 唱(うた)えるYO!!

♪GIRASOLE

 あたし強くなれる社会通年の好きにさせない

♪ 海を渡って

 仲間がいる ボクは笑う



TUメンバーとの新年会の報告・・・なのか!

ポジティブ、怖い。


 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

明けまして・・・自分らしく [RADIO]

堂本剛の

Fashion&MusicBook

bay fm78

201801.jpg


年頭の挨拶からスタート

本年度最初の記念すべきメールは・・・フタバさん17歳JKです。

静かな場所が好きな女子高校生から耳の聴力の良すぎる剛さんの話へ飛びます。



テーマは「初めて飼ったぺット」

リスナーからはネコちゃん、ヘキドリ・・・やっぱり

ケンシロウとタイソンの話になる

家族なのです。


♪Heart Disc


二人の手術ペット医療が受けられるのもファンのアレやコレやがあって、と感謝を伝えてた。

そして始まる妄想シーン「二人が人間の言葉を話したら・・・」


最近気配は感じる

でも姿は見えない


まだそばにいて一緒に生きているんだなとあらためて思う。

人間と犬の区別はないと「家族」だとね。

最後にルール、体制、システム周囲の環境が変り縛りの中にいる。

その中で自分を失わず作品に反映させたい。


自称「妖怪」一休宗純禅師の思想を見た・・・

無縄自縛


見えない縄で縛られてグルグル巻きの剛さんですが、剛さんの心は縛られていないのです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2017年最後のRADIO [RADIO]

堂本剛と

Fashion&Music Book

bayfm78

201712.jpg

あっちゅうまの衣変え・・・



耳の具合もあるから作る音楽も変わっていくし

今自分が得てる感情を反映させた歌詞になっていくだろうし

いろんなことがそういうことふくめて全て含めて音楽を理解しているし

愛してやまない人生に辿りついてる。


中略

おそらく・・・

痛み、悲しみ、苦しみを反映させながらモノを造ったり携わりながらそれを喜びに換える

痛み、悲しみ、苦しみが原動力になりやすい性格なのかもしれない。

いずれその原動力がハッピーにつながっていく、どんな仕事をしてもやっていたと思う。


♪叶えKey



師匠土屋公平氏・・・

「悪女と付き合え」

を、剛さんに伝授してたし、そういえば忌野清志郎も

「幸せではROCKが書けない」

と第一子誕生の前に集中して楽曲制作に没頭してました。

音楽がアーティストの「痛み悲しみ苦しみ」が必須条件なのだとしたら・・・あまりにも残酷です。

現在の耳の状態を周りの人たちに伝える「手段」だとしたらこれほどの説得力はないとも思う。

偉大な楽聖べートーヴェンが難聴の中で完成させた第九交響曲合唱付き「歓喜の歌」はベートーヴェンの苦境を知っているのでドイツ語詞でも世界中が不滅の名作と深く刺さるのです。

原詩 フリードリヒ・フォン・シラーの「歓喜の歌」にベートーヴェンが追記で加筆した部分は

おお、、友よ! このような悩みに満ちた音楽ではなく
  歓びあふれる調べを皆で歌おうではないか!

音楽が楽しい音である事、痛みを幸せにする事、それを自然に伝えてる剛さんの本日の放送に驚きました。

今年を心の中を教えてくれていた。


今年も振り返れば僕の耳の事もありました。

本来はフェスであったり、平安神宮さんのライブであったりとか色々なことが本当はあった訳です。

この状況の中でお医者さんとの話、周りの会社の人達との話、いろいろな話を全部ひっくるめて自分が選択しなければならない感情として、我慢して今回は「お休みさせて頂くという事にしましょう」に至りました。
僕本人の気持ちはもちろん当たり前ですけれども、「出たい」という気持ちだったり、「ステージに立ちたい」という気持ちはとても大きくありました。
それはどんな場所でもどんな時でもね。

ただ、学んだことは自分の感情を優先したいんだけれども、優先することによって不安がる人が沢山いるんだなって、いうこと。

でも欲張りかもしれないけれども「僕だって不安なんだよって」思いながらやってました。

だからステージに立つことのほうが不安が少し和らぐような気もしたし、そこで何か得るものが絶対あるはずだという強い感情、気持ちはとても多くありました。

でも皆さんの不安を優先して、僕は今年は目をつむりながら生きようというふうな感覚の時間がとても多かったです。
そんな中でファンの皆さんに色々なお便りを頂き、勇気づけられ、元気を頂いてライブもできたらなと思ってます。

どういう形になるかはその都度その都度自分の体調次第でインフォメーションさせて頂こうかなと思っております。


本年度最後の応援者へのメッセージも忘れてはいません。


今年はとにかく皆さんに色々なメール、僕の耳の事もあっていろんなメール頂いたな、っていう感じですよね。

皆さんのいろんな想いを頂けたなと思っております。

そんな中でぼくもいろんな気づきを頂きました。いろんな成長も頂いております。
気づきと成長を来年にまた繋げてこのラジオを通して皆さんと共に純粋無垢に語り合える、向き合える、繋がれる、そんなラジオを作っていけたらなというふうに思っておりますので今年も本当にたくさんの愛と想いをありがとうございました。

来年も是非よろしくお願い申し上げます。


応援する自分も追いかけても追いつけない成長と進化の剛さんでした

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽