So-net無料ブログ作成
検索選択

シシ神さま [shamanara]

しし神さま.jpg
この暑さ、どこまで上昇するんだろ。
奈良公園荒池
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

トンデモナイ種 [shamanara]

オトナしい古来和種の草花を駆逐する

凶暴外来種だった。
芥子IMG_2316.jpg

道理で単種群生を多く見かけるハズだ。

在来和種を絶やす毒を撒き散らすは
ナガミの名の由来で長い実には一株150,000粒の種で満載だわ
種が未成熟でも発芽するは
種粒かケシ粒で超微細で付着しやすく移動は簡単だは
花びらの恋占いは「嫌い」で終わるは

とんでもない芥子の花だった。

スクリーンショット 2016-05-23 20.02.01.png

ナガミ種実2634.jpg
結実する、ざっと見積もっても。。。。。計算できない。

種粒が自分に付着して新幹線移動で京都、奈良へ運ばれたとしたら。。。。。

すでになら町周辺では繁殖している報告がありました。

恐怖です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

たのしかぐわし自分だけの奈良 [shamanara]

うましうるわし奈良の10年

巻頭の堂本剛の寄稿文が写真集になった
もしくは
shamanipponのビジョンとJR東海のキャンペーンの主題がもともと一致してるので当然の「完成度」です。
RADIOで度重ねて説く「奈良は感じろ」「自分で探せ」教えてもらうものではなく自分だけが感じ見つけた奈良が見事に一冊の「単行本」になっていた。
厳選の一枚のポスター写真、そぎ落とされた短文のキャッチコピーはシンプルでミニマムでしかも心深く想いを引きずりだしてくれる絵と文なのです。
観光ガイドブックのような事細かな親切よりインパクトのある写真が想いを掘り起こし、五感で感じさせてくれました。
自分流の奈良の凄いのは「ガイドブック」では拾えないところが集まってくることです。

ピクチャ 3.png
この風景とまったく同じのを違う場所で見つけた、

鹿お食事中.jpg
食事のため大集合で大移動の鹿に遭遇、まわりは誰もおらず、しかも東大寺の大伽藍が借景
近道開拓中の丘頂上から見つけたこの偶然にこちらも大パニックで駆け下りた。

一眼レフの巨大なカメラ、三脚で写すと見えない風景も映る。
poster3.jpg

見えない風景より見えたものが記憶だ。
JT甘樫丘夕日反射cRIMG1104.jpg

スクリーンショット 2016-01-31 16.07.16のコピー.jpg
秋篠寺は唯一剛さんがRADIOで名前をあげたお寺さん、伎芸天は芸能を司る唯一の仏像です。

唐招提寺R0164918.jpg
天平、鑑真和上の苦難を思い出します。
苔から秋に顔を出す茸を繋ぐ胞子は奉仕ともつながる。

こればっかりは素人では無理、自撮り棒でも無理。
スクリーンショット 2016-01-31 16.09.37.png


見上げることしかできないなら、せめて正面玄関から参りましょう。
西大寺R0156163.jpg

手間を惜しまないことで手に入るのは
ガラスやヒトの頭越しでなく至近距離で出迎えてもらえる
微笑みも吐息も感じられる
嬉しさも匂いも格段と上がる体験は忘れない

うれしかぐわしたのしうましうるわし、五感で感じる奈良です。

4863101562.jpg
奈良のインスピレーション満載

はじめに

刻まれた時を旅する    堂本剛

2016年奈良愛が動く。
スクリーンショット 2016-02-05 1.30.18.png

 

平城DSCN2628.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

一見さんとお馴染みさん [shamanara]

番組のプチリニュアル「イチゲンさん」がスタートした。
変わったのはタイトルだけかな、でした。

どっから出たんか「イチゲン」さん。
一見さんというと一番に思い出すのは京都花街のシステム一見さんお断り。
限られたお馴染みさんしか接待しない独特の習わしです。
お茶屋遊びは知りませんがシネマが教えてくれる、
男子目線
「舞妓Haaaan!!!」は修学旅行の京都で舞妓と遭遇し人生を京都と舞妓に全てを捧げる会社員の物語。
女子目線
「舞妓はレディ」死別した母の舞妓姿の写真を胸に修行に悪戦苦闘する鹿児島生まれ津軽育ちの少女の物語。
地元目線
「カントリーガール」地元の高校生には舞妓は林檎ほっぺのイナカモン(カントリーガール)、なのに惹かれる男子の本音。

花街の仕来り、茶屋のおかあさんを通して「一見さんお断り」の意味をシネマが教えてくれた。
常連さんの家族構成、身内の記念日、料理、舞芸妓、風景、遊び全て知り尽くしておもてなしをする。
プロデューサー、コーディネーターで飛び込みのお客さんにはできない「おもてなし」をする為のシステム。

「玄関先でお財布の口を開けるような無粋なことはさせしません」

つまりツケ、で遊ぶので回収に不安のある客は客ではない。
お大尽さんには至れり尽くせりの仕組みで、従って上目線で突然の客は「一見さん」として信用無しと見られてる。
連れて行ってもらうのにも「品格」が求められそうで。。。。値踏みされそうで怖いような「おかみさん」です。
男子に生まれたからにはそんなお大尽さんになりたいもんだ。そんな男の憧憬ともため息ともとれ自虐的なタイトルとなった。

突撃はじめましてバラエティ

itigen.png
「イチゲンさん」

お昼にはファンなら受けたい「きげんようあそんでいただきます」おもてなしをしますバラエティ

bububu.png

KinKiKids ブンブブーン!

できすぎジャー〜〜ん。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

17日の見知ろう’s [shamanara]

見知ろう’s
TuなおとうとFUNKなにいちゃん

0917.jpg
おとうと:カッパ着てどこに行くの?
JUNねえ:西には向かわない
にいちゃん:…あそこだ。

東向き.jpg
にいちゃん:ひがしむき商店街だ
おとうと:西には向かえないんだ

坂道DSCN9173.jpg
おとうと:タモさんが大好き
にいちゃん:段差と坂道

JUNねえ:ならまちセンターで凄いのみつけた
見知DSCN9190.jpg
にいちゃん:見て
おとうと:知ろう
JUNねえ:ファンキーだze

見知食遊DSCN9191.jpg
にいちゃん:大食漢のJUNねえさんと
おとうと:遊び大好きがそろった

土砂降りのならまち…
道標DSCN9272.jpg
にいちゃん:ブロードウェーな興福寺
おとうと:オフオフオフ元興寺

元興寺DSCN9203.jpg
にいちゃん:縁側も、渋い
おとうと:元興寺大好きだ
JUNねえ:じぃーじ、ばぁーばカメラマンがぎょうさんです。

瓦DSCN9258.jpg
一番の宝は雨ざらしのこの一千年越えの瓦

扉DSCN9237.jpg
仏像も迫力ですがこの素朴さが美しい

雨DSCN9263.jpg
雨に濡れる野仏

石仏DSCN9218.jpg

元興寺で見つけた
丸いものシリーズ

ざくろDSCN9224.jpg
石榴

水盤DSCN9234.jpg
水盤

ネムDSCN9242.jpg

むくげ

蓮の実DSCN9248.jpg
蓮の実

蓮露DSCN9256.jpg
蓮と露

京都化する興福寺
奈良守り抜く元興寺

元興寺好きだ、大好きだ。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ブラならケン [shamanara]

tuなおとうと,FUNKなにいちゃん
見て、知ろう

ケンシロウ’s

ならどこ行くDSCN8828.jpg
おとうと:どこなら行くの?
JUNねえ:西に行く
にいちゃん:。。。

西大寺DSCN8848.jpg
おとうと:西って西大寺さんか
にいちゃん:騒ぐんじゃないよ

きのこDSCN8842.jpg
おとうと:きのこだ
にいちゃん:腹くだすから食べちゃダメだよ
JUNねえ:陀羅尼助があれば大丈夫

大極殿DSCN8854.jpg
にいちゃん:この空の下でLIVEが見たい
おとうと:なんもない原っぱだね

近鉄DSCN8944.jpg
おにいちゃん:近鉄電車がつったぎるから一緒に写そう
おとうと:鉄男くんだね

春と東にも行く

剣石DSCN8981.jpg
にいちゃん: 剣先石の参道で行くのがTUなんだ
おとうと:ブラタモリで見た
JUNねえ:人はこの剣先の石を踏んじゃいけないんだ

大仏DSCN8985.jpg
にいちゃん:。。。。。。。コワイよ。
おとうと:....................デカイよ。

東大寺DSCN8996.jpg
おとうと:階段、急だったね
にいちゃん:ぼくゼッタイいやだ

ブラタモリで奈良をゆくケンシロウ’s

つづく


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

一路24号線 [shamanara]

見(ケン)知ろう(シロウ)は行く。

junIMG_2978.jpg

おとうと:きょうはどこに行くの?
JUNねえ:西に行く


西本願寺DSCN8762.jpg
おとうと:西って西本願寺か
にいちゃん:迷子になるなよ

薫玉堂で塗香と匂い袋を調達だ!

京のせせらぎDSCN8746.jpg
にいちゃん:京のせせらぎ燃やしてる
おとうと:いい匂いだよ

京のせせらぎ

魚鳥DSCN8777.jpg
にいちゃん:サギだ
おとうと:サカナだ

白サギDSCN8786.jpg


投網.png


東海道も中山道も起点は京都
東京ー京都を結ぶのは1号線

国道24号線で一路奈良へ

一号DSCN8772.jpg
 JUNねえ:向かうは奈良だよ

junIMG_3007.jpg
おとうと:三角に24だって
にいちゃん:高くて狭くてこわいよ


なら100年会館と夕日がお出迎え
落陽DSCN8818.jpg
にいちゃん:奈良のお空を燃やしてる
おとうと:匂いはしないけどきれいだね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

リピブラタモリ [shamanara]

仕込みなしアピールのBUBUBUなギモン。
ウチアゲは番組制作費でするんかな?
オクライリツヅク

作夜のNHK「ブラタモリ」のW撮りのリピートが続いてる。
いつの間にか奈良のエキスパートになってる自分を発見です。
そこもあそこもどこかしこも記憶があり、ギモンを調べて足で探った奈良のおさらいのようなでした。
自然に頭に浮かぶギモンを番組は解き明かしてくれます。
敵わないのはタモリ&NHKの推進力
開かない扉が開き、上れない階段に登り、踏めない瓦が踏めて、触れない柱にカンナがかけられる。

聖地巡礼R0012174.jpg
2010年7月10日仲間達と実現した「鹿寄せ』



タモリさんのブラリの軸が「段差」「変態」だとしたら
私たちは聖地巡礼型このカタチで観光をし
足で巡ることで発見をしていく「体験型」を実行
「感じろ」を実践してます。

堂本剛効果です。

奈良を知ることで日本の国の始まりと国民性を再考させられました。
大和の民として「大和魂」という心のあり方が先の戦争で軍部により利用され良い印象を与えない言葉になったことを知りました。
奈良はフランス人観光客との遭遇率が高いのです。
多分、彼らの方が1300年の間守り抜いている日本人の精神性の高さを「哲学」として理解しているのだと感じた。

海外からの観光客誘致も大事ですが日本人の再考を体験できる奈良こそが剛さんのが考える「SHAMANIPPON」
「大和こころ」を軸にした「巡礼観光」には大和民族のルーツであることを奈良に通い続けて一番感じることです。


その結果得た奈良の最大の魅力は「近さ」
1300年前からの風景、仏像、建築物に無駄な演出、防御施設、隔たり、人垣、がなく自分と対峙できることが良いのです。
拒否られない受け入れの許容の大きさとおおらかさが他には比べ物にならないのです。

近さを想像することで手にできる「大和の心」です。
同行者は音楽!


ブラタモリの精神は「自分なりの好奇心探究心」
リピートに拍車がかかります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

小喜利外伝 [shamanara]

 錦だぁ 

 東福寺 

小喜利の私京都祇園甲部歌舞練場も無事終了
帰京の半日、東福寺へ行く。
京都駅に近いし安心ということで・・・


樹の種類
イロハモミジ,ヤマモミジ,トウカエデ,ノムラモミジ

 

juntouhukujiDSCN4840.jpg
洗玉潤の渓谷に青空が写り綴れ織り紅葉です。

 

 

touhukujiDSCN4828.jpg
通天橋(つうてんきょう)を眺める

 

 


tofukujiDSCN4868.jpg
ハイシーズンで宿泊費が倍な理由です。
どこを見てもこの景色・・・

 

toufukujiDSCN4876.jpg
お寺さんの丸い窓は大宇宙を表すんだそうです。

toufukijiDSCN4865.jpg

帰りの新幹線連結近鉄京都駅前は大騒ぎ・・・
近鉄DSCN4890.jpg
天皇皇后両陛下のお通りで日の丸旗を渡されました。

錦の御旗の象徴で終了?残念ながら時間切れで新幹線に向かう。

解答集DSCN4904.jpg
落ち葉を拾う。あえてモノクロで・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ちいさい秋みつけた [shamanara]

「小喜利の私」千穐楽 


今回は久場夏子初リサイタル・・・ありきの旅でした。
いま.jpg
前回の平安神宮LIVEの時に初リサイタルの日程を知った。
まさか「小喜利の私」が京都であるとは思わなかったが何となく・・・予感が・・・していた。
そして、見事にブッキングし第一優先がこのリサイタルで小喜利の私チケット無いままでも駆けつける気合いの京都入りでした。

久場夏子のメゾソプラノは両の耳から脳に回りスパイラルで全身の巡る歌声でした。
正真正銘「生」でマイクもマイクスタンドも無い、人の生の声が満員のホール隅々の観客の耳を釘付けにします。
演目は・・・
・F・シューベルトとJ・マルクスのドイツ語歌曲
・ふくざわゆみこ作の絵本の朗読の背景に久場夏子作曲のヴァイオリン、ピアノが物語を表現。

・ちいさい秋みつけた
・紅葉
・栗の実
・きんもくせいのみち

・のちのおもひにⅠ・Ⅱ(カウンターテナー:中嶋俊晴
・組曲「そらいろ」夜明け しゃぼん玉 おやすみなさい詩:尾上尚子 曲:久場夏子
 (ソプラノ:横山真理子 メゾソプラノ:久場夏子 カウンターテナー:中嶋俊晴 ピアノ:佐渡春菜)

彼女の日本語で唄うの秋の歌に心を持っていかれ、京都の秋を堪能してないことを後悔した。

そうだ、紅葉(こうよう)を見にゆこう

ベタな観光客になろうと決心をした
折角の錦秋の京都ですからね、街中の中途半端な色着きではない楓や紅葉の秋の色を探しに出かけようと思ったのはこの歌を聴いたからです。
小喜利の舞台からも「紅葉見物に両親を連れて親孝行してください」のようなことを剛さん自身の言葉で提案しているようです。

で、友人の希望で嵐山に紅葉を見に出かける
5時をまわり寺は閉まるがライトアップという手があった。
宝厳院DSCN4738.jpg
「宝厳院」さんは天竜寺の奥で真っ暗な人もまばらないい感じの参道を抜けると信じられない世界です。
しかも入園待ちの・・・長蛇の列なのです。
あっさりとヤメてお豆腐料理に進路を変えた。

ちいさい秋みつけた

作詞:サトウハチロー
作曲:中田喜直

だれかさんが だれかさんが
だれかさんが みつけた

ちいさい あき ちいさい あき
ちいさい あき みつけた
めかくしおにさん ての なるほうへ
すました おみみに かすかに しみた

よんでる くちぶえ もずの こえ
ちいさい あき ちいさい あき
ちいさい あき みつけた


だれかさんが だれかさんが
だれかさんが みつけた
ちいさい あき ちさい あき
ちいさい あき みつけた
おへやは きたむき くもりの ガラス
うつろな めのいろ とかした ミルク

わずかな すきから あきの かぜ
ちいさい あき ちいさい あき
ちいさい あき みつけた


だれかさんが だれかさんが
だれかさんが みつけた
ちいさい あき ちいさい あき
ちいさい あき みつけた
むかしの むかしの かざみの とりの
ぼやけた とさかに はぜのは ひとつ
はぜのは あかくて いりひいろ
ちいさい あき ちいさい あき
ちいさい あき みつけた

 

竹むらDSCN4747.jpg
42年ぶりのトモと食べた湯豆腐屋さんを探し探し辿りついたけどすでに終了。
もう一店良さそうなお店をみつけて嵯峨野で湯豆腐です。
湯豆腐DSCN4748.jpg
土鍋、湯気中ににちいさい秋、見つけました。

夏ちゃんDSCN4667.jpg
夏ちゃんすてきな歌声ありがとう!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽