So-net無料ブログ作成
検索選択
小喜利の私 ブログトップ
前の10件 | -

星と花 [小喜利の私]

ブンブブーン
東の宝と大地の緑
朝日6214.jpg

本日のロケは落語家「林家たい平師匠」さんのおもてなし
最近ブームの「落語」高座の裏舞台にアプローチ
日テレの「笑点」が再ブームというより消えない伝統芸です。
そう、松竹さんの独断場歌舞伎、落語、演芸の世界へ足を踏み入れた。
「高座が似合う似合う似合う」と相方が連発する、視聴する自分も小喜利の私で培う土台がありハマり過ぎを感じます。

改めて有楽町マリオンのイルミネーションの配置が物語る気がした。
東宝さんが天に輝く「スター」であるなら松竹は大地に根付く「花や緑」です。
身近な演芸なんだとね。
相方には衝撃の事実


10分前に小屋に入れば間に合う

落語家は扇子と手拭いの二つ小道具で全世界を表現する
話術の鍛錬の成せることで開演10分前は修行うん十年なのです。
衣装は着物と羽織の着こなしと所作に年季が必要であり
舞台セットは座布団と湯呑み、
設備もマイクとピンスポ
満席の会場ごと演目で連れ出す宇宙でした。


おせんs6372.jpg
おせんにお茶、気楽にはいかないよね。
「小喜利の私」で感じてた洒落や機転、言葉遊びには客にもそれなりの修業が必要だという事実です。
落語の面白さの半分もわからない自分、本業あっての大喜利なんです。

それが身に沁みたおもてなしの失敗に、春風亭昇太師匠の情けが温かった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

言問橋 [小喜利の私]

junDSCN9821.jpg
 12日のパリ同時多発テロ被害者に
追悼のライティングが本日ありました。
 
小喜利の私が浅草公会堂公演と知り
もうひとつ気になったのが
言問橋
以前にラジオで「今も人の脂が黒く残る」
広島原爆資料館で見た衝撃を
言葉にしたものでした。
東京も大空襲の悲惨な人型の黒いシミが
残る場所があるのを知りました。
言問橋です。
軍港でも軍事施設でもないこの地域は
ドラマ「下町ロケット」でもあるように
町には兵器の部品を作る
ちいさな町工場の多数あり、密集地、木造家屋
空爆に目標にされた理由です。
 
浅草公会堂の脇の道をまっすぐ行くと
目の前に東京スカイツリー
墨田公園DSCN9763.jpg
墨田川の公園遊歩道、左手上流にかかるのが言問橋。
 
言問橋DSCN9779.jpg
昭和20年3月10日下町大空襲
浅草地区と対岸の向島からの避難住民が
橋の上で合流し逃げ場を失う
民間人への無差別爆撃で一夜で10万人が犠牲になる。
 
碑DSCN9775.jpg
浅草地区側にある慰霊塔
御朱印帳入れからお数珠を出してお参りさせていただいた。
junDSCN9782.jpg
 供養のように見守るように東京スカイツリーでした。
 
 平和でないとエンターテイメントは成立しない
森光子さんの言葉です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

昭和の下町のお母さん [小喜利の私]

初日の思い出しmemo

森光子さんの手型

森光子_.jpg
2012年11月10日に森光子さんが亡くなられた。
「小喜利の私」大阪松竹座千秋楽が前日の9日、3年経つのですね。
大阪松竹座で堂本剛の大提灯が初めて出された年でした。
関西のお笑い界で大活躍のなかで「放浪記」の主演に抜擢、東京は芸術座で主演。
昭和の大女優はKinKiKidsとも深い繋がりのある方でした。
「小喜利の私」が大阪松竹座で開催されたことを知ってらしたらさぞや喜ばれたと思います。
浅草公会堂前「スターの広場」で森さんの手型を探す目的もあって初日に行ってきました。

スキャン 21.jpg
帝劇でも「放浪記」は上演されてます。

この日ニュースで加藤治子さんの訃報がありました。
(11月2日に亡くなられてます)
森さんがドラマ「時間ですよ」ならドラマ「寺内貫太郎一家」で演じられた加藤治子さんの昭和の下町のお母さんは忘れられない女優さんでした。
和服に白い割烹着いつもテキパキと働いている優しく頼りになるお母さん。
加藤さんは向田邦子ドラマでは欠かせない「昭和の人」で、松竹少女歌劇ご出身なのも今回初めて知りました。

献花.jpg
浅草公会堂館内には白菊が献花されてました。

東京在住ながら知らなすぎる「浅草」に改めて目を見張る、沢山の発見がありました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Tのオキテ [小喜利の私]

浅草でチケット無しでオロつく自分に友達の同行者さんが教えてくださった。
その方はジャニーズファンではなく初めての「小喜利の私」の参加者さんでした。
「連れられてきた派」なんでしょうね。
T歌劇団のファンでそちらの決まりゴトで劇場付近で

チケットが欲しい人はお財布を見えるように持つ
譲れるチケットを持つ人はチケットを見えるように持つ

お互い話しあって正立、するんだそうだ。
なんと合理的なシステムが存在するもんです、
伝統あるエンターテイメントはファンにも工夫があるもんだ。
それでガマ口うってつけのgoodsがある
gがま口.png
まさかね。


細長のポーチは

チケットケースで「譲る」の印
ポーチ二種.png
そんなTオキテがあったらナーーーー。
粋です。

便利です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

熱湯玉露 [小喜利の私]

普通が面白いと思った日
「こんなお茶は嫌だ
どんなお茶?」
辻利DSCN9633.jpg
 
ぬるいお茶
 
 
老舗茶園の副店長はそう答えた
 
「そうか、お高い玉露じゃないんだ」
普通に美味しいと思うのは「ほうじ茶、番茶」なんだとね。
商売気のなさが好感度だったのです。
 
10月31日「飛び出せつよっしー」の
インタビュー回答は普通が頼もしかった。
 10月31日は「お茶の日」
祇園甲部歌舞練場のお隣さん
建仁寺開祖の栄西禅師が
中国から持ち帰った「お茶の種」を蒔いて育てた日
 今では日本中で栽培され
「茶道」に昇華し
「お・も・て・な・し」
の心髄を修行する「精神文化」にまでなっている
 
普通ならこの手の豆知識は
剛さんのシンキングタイム中に
披露されて会場中から一斉に
 
「へえ〜〜」
 
落語の有名落ちで一体感が楽しめた
今年は豆知識が用意されて無いか
あっても天声さんが読まないのか
この手の話は少ないし無い
お茶の日だから「辻利」さんなのか
ぐうぜんでお茶の老舗さんなのか
公演後祇園通りの
辻利さんには小喜利帰りのファンで
ごった返していた。
 
 ホテルに帰り
radiko でFashio&MusikuBook から流れたのは
「今日はお茶の日、
 
   栄西禅師が・・・」
 
自宅から持参の熱い番茶をすすりながら聞いていた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

普通が最強 [小喜利の私]

こんな小喜利はイヤだ
どんな小喜利?
 
 2015z 千穐楽.jpg
 
ぬるい、板
 
千秋楽、板の上は最強の素人芸
 ステージ、2階客席、3階客席もサンバだった。
 
つよっしーおかえしします.jpg
一般の参加者の回答が
普通で
一番面白いかった
TV業界が街の素人さんを
追いかけ回す番組急増の
理由が理解できた。
恐ろしいことを平気で言っても
クレームがつかない、
最強のコメンテーターです。
 手型抜.png
スターの広場に置いちゃだめでしょ。
 
「小喜利の私」の最終回を見て
楽しそうな社員とスタッフを見た
堂本剛さんの「解放」というの安堵も見えた。
 
前半の講話を聞いて確信した
小喜利のルールをぶっ壊せば
せきこえのろにあさらあめの
 
「永六輔じゃん」
 
4月10日浅草生まれの大先輩
お説教大好き
ジャニーズでは中居君を
可愛がってくれてます。
 緞帳.jpg
接ぎ足しで大提供、西陣の織元さん怒るよ。
 
仰々しい提灯飾りとか
松竹さんの応援とか
伝統話芸の継承とか
 LIVEより多い日程とか
壊せば
独りトークdeショー
 
絞っても出ないなら
フリップに出さなくていいんだよ、とね。
 
独り喋り続ける剛さんに
明るい「何」が待ってますようにと思えた。
 
こんにちは赤ちゃん 
永六輔:作詞
ふつうの幸せを詩に書ける
最強の才能をお持ちです。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

見えない糸 [小喜利の私]

こんな浅草はイヤだ
どんな浅草?
雨の浅草寺.jpg
雨の浅草
雨の中、チケットもなく立ちすくむのも
悲しいものがある。

本日千秋楽にお疲れさまを言い合いに
集まるであろう
お仲間さんにも不義理して不貞腐れていた。

ケータイ充電せねば...バッグからガサゴソ取り出し
「チケットあるの?」のメール

ケータイ電話00:08から計7通話の着信
慌てて返信の電話

Aさん「5時50分までに来れる?」
の会話が5時10分
自分「行きます」
5時17分にはタクシー探し
5時20分タクシー確保

自分:「浅草公会堂5時50分までに」
運転手:「カーナビで行きましょう」
ドライバーさん即カーナビに情報入れる
剛さん、グーグルも正確だけど
カーナビはもっとすごいんだよ
人の気持ちを判ってくれる、てか
地元住民しか知らないような抜け道
生活道路を駆使して
カーナビ:「5時44分到着」
の計算を叩きだした。
自分:「運転手さんこの道通ったことあるんですか』
運転手「まったく初めてです」
お茶のお稽古で上野に通った15年准ジモティの自分が驚く選択の道順
自分:「寺町抜け菊見坂道なりにカーブ300先に言問通り左折」
カーナビ見ながら
運転手:「はい、さっきの信号待ちで2分増えました着が46分です」

雷門町に入り花やしきを確認、下車
浅草公会堂目指して走る。
5時50分到着
公会堂前にはお仲間さんのYさんが待機

Yさん「入って入ってAちゃんが説明するから」
渡されたバトンチケを掴み脱兎のごとくに駆け上がりました。
席の持ち主は母上の体調が崩れ側にいてあげたいことから
参加できなかった友達でした。


二時間放置されたメール
無音で鳴り続けてたケータイ電話
指示に応えてくれたカーナビ

夜、未知の雨路面を疾走する運転手さん
言えば来ると自分を信じ続けた友
建物前で待ち受けていてくれお仲間さん

糸は見えな無線と信じるというテレパシー

最終日最終回11月8日夜の部
感動の幕切れは
小喜利とは離れた「何」かを感じて〆くられました。
明るい何かをね。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

銀の糸 [小喜利の私]

顔見せ看板DSCN9784.jpg
本日昼銀の糸を結んで頂いた公演に参加
浅草初日で最終日お誘い頂いたお仲間さんに感謝です。

2015 浅草二日目.jpg
平成の浅草といえばサンバカーニバルなんだね

秋晴れの浅草仲見世界隈の喧騒が嘘のような浅草公会堂内の「小喜利でまったり」でした。
こんな「実家の客間寄席」があるんだね。
ホームパーティーで噺家さんを招いて高座を設(しつら)えて見たときようなごとくなんだもん。
今年から「堂本剛独演会」はトークショーのイベント化の方向へ向かってる。

本人も言う
「このエリアは浅草演芸ホールがありお笑いの聖地、この公会堂も錚々たる先輩たちと楽屋が同じ。。。」

申し訳ないとは言いつつも天声さんの西野君と二人で仕切ります。

高座に上がるについての心の準備、下調べについて「一切しないの蘊蓄」が語られた。
グループ仕事でコンビの間では「準備」は必要ない方が良いと結論し体に染み込んだと。
おかげで京都からの「ヤラされてる感」と「シャベっていたいーの感」が一致した。
お客さん様子は
本気で笑を追求したいお客
可愛いを鑑賞しにくるファン
吉本の芸人さんとの掛け合い楽しむ観客
むりくり連れてこられてる同行者
そして自分は、堂本剛が追求したお笑いが見たい

CD購入特典の「トー苦・笑」のような「世間話」で前半で出題は2問で終了。
以前からナンデヤネンと思う疑問が再び蘇った。
最初に気がついたのは東北小喜利、盛岡会場で見たポスターで正真正銘の噺家さんの独演会席料が2,000円だったのだ。
東京から招き真打でこの値段。。。
話芸と伝統の落語に人生をかけてる「話の名人芸」の職人が、世間の相場を初めて知った。
今はお笑い好きの素人でも、いづれ回を重ね剛さんも玄人裸足でオモロイ話芸に笑いに楽しめるとね。

西野君の小喜利に対しての心構を聞く問いに

いきあたりばったりでいく
なんでもだされたものはたべる
オファーでジャニーズぽっくないしごとだとうける
ルールはこわすためにある
そのうち1問も小喜らない会もありえる。

そんな問答が続いた。
年一回の独演会のチケット2,000円と手売りでコツコツファンと繋いでいる西野君にはどう映るんだろうとね、

出来上がった型をこわすから新しい笑いが生まれるんだと思う
死んだ談志が怒るよ。

今日一日、この日しかない自分は30日の祇園甲部歌舞練場に続く

遠くde 苦笑-の甘銀で

11月6日の笑いの影には「小喜利の私」から脱却し「トークイベントショー」へ変革を試みる陰謀を感じる昼の部でなのでした。

 ジャニーズだから。。。と言われる

半分は甘銀な自分のようなファンを

指すのだとチクリ胸が痛んだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

お江戸落語発祥の浅草、初日 [小喜利の私]

浅草公会堂
初 日
浅草小喜利.png
半纏r.png
 
黒染.jpg
準備万端…。。
だども、チケットがねェ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

どーなる大江戸大暴れ [小喜利の私]

江戸落語の神域で大暴れ
 
休んでィなんか 
2015祇園殺陣b.jpg
いらんねェ
 
明日は江戸初日
。。。。。。。
 剛千社札良きこと聞く.jpg
良き・琴・菊
 剛千社札かまわぬ.jpg
鎌・輪・ぬ
 
 剛千社札花札.jpg
菊・紅葉ンに鹿頭
 寝るな剛
謎かけ、あいうえお作文、孤(独な)喜利の始まりです。
 
 
 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 小喜利の私 ブログトップ